Pocket

年を追うごとに生え際が薄くなってきた気がする。若いのに髪のボリュームが無くなってきた。なんだか抜け毛が多い・・・
「もしかして薄毛?!」そう感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

薄毛についてのお悩みを持っている女性は、程度の差はあれど、多くいらっしゃいます。髪のコシ・ハリが無くなってきたと感じている方も油断はできません。今や薄毛問題は男性女性に関わらず誰にでも起こりうるものです。
女性の薄毛の原因と対策方法をご紹介していきましょう。

もくじ
1:なぜ薄毛になるのか?
2:女性の薄毛の対策方法
3:まとめ

なぜ薄毛になるのか?

なぜ薄毛になるのか?

そもそも女性の薄毛は男性の薄毛とは違うものです。

男性は「AGA」と言われる「男性型脱毛症」が主な原因と考えられており、一般的には遺伝や男性ホルモンの影響により額の生え際や頭頂部の髪が薄くなっていくものです。

一方、女性の薄毛の原因は様々。
加齢による毛髪の衰え・日常の髪へのストレス・ホルモンバランスの乱れ・生活習慣の乱れ・過剰なダイエット・出産によるホルモン変化・誤ったヘアケア等々・・

範囲も全体が徐々に薄くなっていく事が多いため、気づきにくく対策に遅れをとってしまう事も多いようです。

主な原因をそれぞれみていきましょう。

ストレス

薄毛になる原因 ストレス
社会的に女性の活躍の場が増えている現代、ストレスを抱える事により髪が薄くなってしまう事があります。また、仕事だけでなく、育児や生活の変化、何らかの精神的ストレスからくることも少なくありません。

生活習慣の乱れ

薄毛になる原因 生活習慣の乱れ
過度のお酒やたばこ・運動不足・偏った食生活。どれも血液循環や栄養不足により毛髪へ悪影響を及ぼします。過度なダイエットもこれに該当し、髪や毛根まで栄養がいかないほど食事を制限してしまうなど。ストレスにならない程度の適度な運動と、バランスのとれた食事をとる事が必要です。

出産によるホルモンバランスの変化

薄毛になる原因 出産によるホルモンバランスの変化
出産による薄毛が気になる場合、ホルモンの分泌量の変化により抜け毛が増えます。ですが、一時的なもののため、時間の経過と共に元に戻る事が大半です。

誤ったヘアケア・ヘアアレンジ

薄毛になる原因 誤ったヘアケア現代のファッションは多様化しており、様々なヘアアレンジやヘアケアがありますが、1日2回もシャンプーしたり、頭皮に負担をかけるようなヘアアレンジ、パーマやカラーの繰り返しなど過度なものになってくると頭皮や毛髪が弱り、薄毛の原因になってしまいます。

FAGA(女性男性型脱毛症)

薄毛になる原因 FAGA
男性のAGAに対して、女性はFAGA(女性男性型脱毛症)と呼ばれます。
女性ホルモンの減少により、体内のホルモンバランスが崩れることが原因のため、20代の女性に見られることは少なく、加齢にともない女性ホルモンの分泌量が変化しやすい40歳前後以降に頭部全体の毛髪が細くなる傾向があります。

女性の薄毛の対策方法

女性の薄毛の対策方法

いかがでしたでしょうか、当てはまる原因はありましたか?
原因になりそうなものを改善していけば、薄毛の問題も解消されるかもしれません。それでは、対策方法をご紹介いたします。

食生活の改善

食生活の改善

食生活の乱れにより、毛髪の栄養不足を招くことが薄毛の原因になる可能性があると前述でお伝えいたしました。足りない栄養を補うことも薄毛改善の一歩です。
食事のバランスを見直す事や、ビタミン、ミネラル、髪の主な成分ケラチンの基となるアミノ酸を含んだタンパク質が多い食品や、髪の毛を健康に保つために必要な亜鉛、セレニウム、鉄、硫黄の入った食品を積極的に取りましょう。卵、魚、牡蠣、緑黄色野菜、豆類など。

ストレスの緩和

質の良い睡眠
質の良い睡眠、入浴、有酸素運動などでストレスの緩和を図りましょう。

質の良い睡眠は、眠りが浅いとストレスは減少しにくいため、深い眠りをとる事が重要です。そのためには、起床1時間以内に朝日を浴び、睡眠ホルモンのメラトニンを減らしてあげることで、夜眠るころにはメラトニンが増えて熟睡することができるのです。

入浴もシャワーより湯舟にゆっくりつかりましょう。血行の促進により老廃物の排出が促されストレス解消の手助けとなります。また、入浴により上がった体温が徐々に元の体温に戻っていくなかで、活動的な「交感神経」から気分を落ち着かせる「副交感神経」へ切り替わっていくため、良い眠りへつきやすくなります。

また、有酸素運動で体を動かしましょう。ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動は体内のストレスホルモンを減らすことができ、同時に繰り返し動作の運動は快感をもたらす脳内物質が分泌されるため気分を良くしてくれます。また、これも入浴と同様に運動後は交感神経から副交感神経に切り替わっていくのでリラックスできるのです。

育毛剤

女性の育毛剤も販売されています
育毛剤というと男性の薄毛に効くイメージがありますが、女性の育毛剤も数多く販売されています。
薄毛に特化した有効成分を配合しているため、抜け毛防止に効果的に作用してくれます。継続利用が必要なため、コストはかかりますが、原因に合った改善方法と併せて使っていくのが良いでしょう。

クリニック

原因が分からない時は病院へ

そもそも自分の原因がわからない・原因に当てはまらないという方はクリニックに頼りましょう。皮膚科の病院・クリニックであれば診てもらえるので、お医者様に診ていただきましょう。

ウィッグ

オールウィッグ【エアリーマッシュ】A-684(左)オールウィッグ【エアリーマッシュ】A-684
(中央)ふんわり手植えつむじあり前髪ウィッグ【リッチレイヤードバング】TFX-101耐熱
(右)バンスウィッグ【ワンカール】BS-03

原因がわからないにしても、改善していくにしても、薄毛やボリュームの無くなった髪の見た目がストレスになってしまうことでしょう。鏡や窓に映る自分の姿を見るのも嫌になる方も少なくありません。
ウィッグ自体のケアが必要となりますが、1つあるだけで自信がつき改善に専念できます。また、自然な仕上がりで自分に合った髪型や、新しい髪型に挑戦することも可能です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ご自身に合った原因と対策を見つけることができましたら幸いです。

プリシラでは直営店で装着後のカットなども承っております。
また、すべての世代の方にお選びいただけるよう様々なスタイルがそろっており、価格も手の届きやすいものばかりです。

↓↓↓↓
プリシラ公式サイトをみてみる