Pocket

 

皆さん、アンティーク着物ってご存知ですか?

アンティーク着物とは、昭和初期以前に作られた着物のうち、特に状態の良いものを指す。
大正ロマンや昭和モダンと呼ばれる花柄や幾何学模様、アール・デコを意識したデザインなどが近年のレトロブームで再評価されている。

現代では見かけないような大胆な色や柄の組み合わせが華やかで、見ているだけでうっとりします。

そんなアンティーク着物とプリシラウィッグをコラボレーションさせたコンテンツが、このたび公開されました!

モダン波止場×プリシラ アンティーク着物×ウィッグ

こちらのコラボコンテンツでは、着物のカラーリングをテーマごとに分けて、おすすめのウィッグスタイリングをご紹介しております。

ウィッグもアンティーク着物に合わせた、ひとクセ加えた個性的なスタイルが目白押しです♥

 

紅色 RED

パッと目を惹く情熱的なカラー“紅”(くれないと読んで欲しい←)には、妖艶で個性的なコーディネートをチョイス。
同じ色でも別の顔を持つ、ふたつの変化を楽しんで。
紅色REDライン No.1 赤×黒の王道ゴシック

まずはこちら!

赤×黒の王道ゴシックスタイルです。
黒のレースを帯に仕込むことで、キュッと締まったシルエットのコルセット風にスタイリングすることができます。
赤×黒のラメ帯を使って、キュッとコサージュを作っているのもポイント!
まさに「洋」と「和」の調和ですよね。
ゴシック帯のアップ

 

こういう色のお着物には、やっぱり欠かせない黒髪ストレートロングヘア!

シンプルながら、ツヤのある“黒髪ストレートロング”は人とかぶらない「妖艶さ」を纏うことができます。
カクテルハットなど、ヘッドドレスを合わせる時も黒で統一してみてくださいね。

手元のレース袖もポイント。
顔周りに手を持ってきたとき、視線を集めること間違いなしです。

No.1全体像とバストアップ

A-707ルーセントストレートロング(TCK)

紅色RED スタイルチェンジ No.2 ほんのりキッチュなリボンコーデ

続いてこちらのコーデ。

同じお着物で、小物やウィッグをチェンジするだけで、ほんのりキッチュなコーデの完成。
(キッチュって言いたいだけ)

襟・帯・アクセサリーなど、全身のあちらこちらに散りばめられたリボンが、「ハズし」のテクニックです。

一見「少しチープなアクセサリーだけど着物に合うのかな?」と思うようなインパクトのあるアクセサリーも、アンティーク着物の個性に負けません。

合わせたモノ勝ちです。

大きなリボン襟アップ手元のリボンアクセアップ

 

外国人のような、バツン!切り揃えられたブラントカットで、個性派も垢抜けを狙います。
(どういうこと)

お着物に合わせた赤レースのヘッドドレスが、赤リップやブロンドヘアによく映えます。
デコルテを飾る大きなレースリボンが目を惹きますね。

No.1全体像と帯バックスタイル

A-704ブラントカットボブ(THB)

芥子色MASTERD

ここでお着物をチェンジ!

その繊細な色合いから「ジャパニーズマスタード」という名称もある「芥子(けし)」
日本人のお肌になじみやすいカラーに、たっぷりのレトロ感を詰め込みます。

芥子色MASTERDライン No.3少しの毒で和風ビスク・ドール

先ほど着用していた、切りっぱなしぱっつんボブの黒バージョンです。
他のオールウィッグにはあまり展開していない、プリシラ耐熱ファイバーで一番黒い「TBK」というカラーです。

No.3全体像とファー襟のアップ

襟元にベロアリボン付きのファーティペットを合わせ、着物をワンピース風に見立てています。
アイデア次第で、着物のイメージはガラリと変えることができますね!

裾を切りっぱなした不自然なほどのストレート×ビジューを散りばめた個性的なBIGヘッドドレスが、より一層「ドール感」を際立たせてくれます。

お洋服のとき以上に、小物同士の相性は本当に大事!!!

No.3バストアップブラントカットのアップ

芥子色MASTERD スタイルチェンジ 60年代風モダンガール

お次は、着物はそのまま、ウィッグをチェンジします♡

テーマは「60年代風モダンガール」
一般的には着物に帽子?!となりそうですが、アンティーク着物ならうまく馴染みます。
モダンガールを演出したいなら、断然ボーラーHAT!

帯のアップ

帯の上にスパンコールのショールを沿わせて、レトロな芥子色の着物をスパイシーに味付けします。
ショールのフリンジは大胆に前に垂らせて、インパクトを狙います。

ふわふわパーマ×明るめくすみブラウンで、憧れのモダンガールに変身♡
芥子色の着物やヘアの色に合わせて、オレンジがかったブラウンリップで一気に垢抜けます。

No.4全体像とバストアップ

生成ECRU

ここで着物をチェンジ。

清楚な色合いのナチュラルカラーには、とびっきりのモダン美人なコーディネート。
今話題の「レトロ婚」など、特別な日にも超おすすめ!!

生成ECRUライン No.5主役級の華やかさ レトロブライド

帯のアップヘッドアクセのアップ

可憐な花の帯結びは、花嫁さんらしいブーケをイメージしています。
ウィンテージライクなヘッドドレスとも親和性アリ♡

花嫁さんコーデらしく、コサージュ・白レース・パールを垂らした帯…と、コーデのアクセントが盛り沢山です♡
ほんのり上気したようなアイメイク×リップメイクも、白肌に映えます。

ハニーブロンズカラーと、柔らかいカールボブで優しいモダン感を演出してくれます。

No.5全体像とバストアップ

A-664クラシカルボブ(THB)

生成ECRUスタイルチェンジ No.6キブンは昔のシネマ女優

ここでウィッグをチェンジ!

インパクト大!!!な冒頭でも出てきている黒&金の切りっぱなしボブと同じデザインです。

大振りファーショールとレースの手袋のアップ
ゴージャスな大ぶりファーを襟元にまとい、くすんだアイボリー&ベージュのコサージュクリップでポイントを。
最後にレースグローブを着ければ、レトロ映画の主役キブン♡
アンティーク着物にはとびっきりのヘアが相性抜群。
大輪の花のようなミステリアスパープルです。

No.6全体像とバストアップ

A-704エッジブラントボブ(TDP)

さて、ラストです。

飴CANDY No.7パステルキャンディな不思議の国へ

トランプのダイヤ柄みたいな着物は、特別なコラボ着物だそう。
くすんだ水色×ラベンダーで、フェミニンな中にもしっかりレトロ感をプラスします。

 

No7襟から帯周辺のアップ
レースのつけ襟やパール、フラワーモチーフを詰め込んで、とことん甘さをプラス♡
アンティーク着物には、“TOO MUCH”なぐらいが、ちょうどいい。
くすみピンクの絶妙ヘアカラーとあどけないふわふわボブ。
メルヘンでも浮きすぎないのは、メイクがオトナレトロだから。

No.7全体像とバストアップ

CTA-103ハニーウェーブボブ(CTGL)

 

いかがでしたか?
アンティーク着物とウィッグのコラボレーション、最高じゃないですか?♡

“普通の和装”に飽きてしまった方には、アンティーク着物、おすすめです。
大胆にコーディネートした小物も、いつもと違うジブンと出逢わせてくれるかも・・・♡