Pocket

a-634-tay_main

和装の時のヘアースタイルもとても重要で悩みますね。

でも普段とは違うヘアースタイルをするのも和装の楽しみの一つ。

ポンと付けるだけのウィッグだったらとても簡単に綺麗に仕上げる事ができます。

 

ここでは和装に合うウィッグをいくつかご紹介していきます。

フルウィッグから部分ウィッグまで色々な和装コーディネートを楽しんでください。

自毛の長さを気にしなくても良いフルウィッグ

着物の時はできるだけ肩や首はスッキリさせたいですよね。

フルウィッグの中でもボブくらいのストレートだったら着物を選ばず

どんなスタイルでも合わせられます。

 ちょっとレトロな雰囲気のストレートボブ

a-635-tdm_main

オーソドックスなストレートボブは和装にはとても合わせやすいです。

首元もスッキリするのでこの長さだったらスタイリングは不要。

手間もかからないので初心者の方にオススメです。

 

ワンレンボブで帽子を使ったオシャレスタイル

a-657-tdm_main

和装に帽子を使ったアレンジスタイル。

ワンレンボブはどうしても生え際が気になりがちですが、

こんな感じで帽子をかぶるととても自然でしかもオシャレです。

 フルウィッグの着け方

itemhowto_all.png

1,首まですっぽりネットをかぶります

2,生え際まで引き上げ、ヘアーバンドのように引き上げます

3,ネットを折りたたみピンで固定します

4,ウィッグの前部分を持ち、おでこの方から後頭部まですっぽりかぶります。ブラシや手グシで整えて完成!

団子ウィッグでアップヘアーの王道スタイル

アップスタイルといえばお団子!というくらい定番ですね。

お団子ウィッグをほぐすと少しカジュアルにもなるので

アレンジが色々できて幅広くご使用していただけます。

サイドに着けてモダンイメージの団子ウィッグスタイル

dg-01_fx-01-tbk_main

お団子ウィッグの着ける位置は自由です。

ちょっとサイド寄りに着けたり、下の方に着けたり

着ける位置によって雰囲気も少し違ってきます。

少しサイドにつけるとこんな感じでモダン和風になります。

団子ウィッグの着け方

itemhowto_dango.png

1,自毛でお団子を作ります

2団子にウィッグをかぶせます

3,ゴムを引っ張り固定します

ボリューム調整のできるロ-プウィッグ

ロープウィッグは長い場合はカットして使用できるので

巻きつけた後のボリューム調整ができます。

カットせずに、ピンで固定する時にボリューム調整する事もできます。

下に着けると落ち着いた印象になるアップスタイル

vo-60_fx-07-tnc_main

巻きつけ方によって色々なスタイルが楽しめます。

下の方に巻きつけると和装にはピッタリです。

下めに着けても大きいヘッドアクセを付けると地味にはなりません。

ボリュームなどを調整しながらセットしてください。

きつめのカールでモヒカン風アップスタイル

vo-67-tbk_main

カールがきつめのロープウィッグです。

モヒカン風にアップすることによってちょっとハードなイメージになります。

着ける位置やボリュームは自由に調整できるのでお好みのスタイルに仕上がります。

ロープウィッグの着け方

vo-howto

1,お好みの位置に団子を作ります

2,団子にロープの端をピンで固定します

3,団子にぐるぐるとロープウィッグを巻きつけます

4,ピンで固定して整えて完成

団子に装着するだけの簡単アップヘアーのシュシュウィッグ

シュシュウィッグは自毛で作ったお団子の通すだけで

簡単にアップスタイルが完成します。

長さやも色々選べ、カール具合も色々あるので

お好みのスタイルに合わせて選んでください。

ワンカールで落ち着いたアップスタイル

vs-31_pg-04-tnc_side

フワフワしたカールのアップスタイルです。

上に着けても下に着けても可愛く仕上がるシュシュウィッグ。

毛足はそんなに長くなく、カールもワンカールなので落ち着いた雰囲気になります。

シュシュウィッグの着け方

vs-howto

1,お好みの位置に団子を作ります

2,ウィッグに指を通して持ち、団子に通します

3,気になる部分はピンで固定します

4,手グシで整えて完成です

まとめ

和装の時のヘアースタイルは色々あります。

ちょっとしたアレンジでイメージが全然違ってくるので

その時着る着物や気分やで色々なヘアースタイルを楽しんでください。