Pocket

ウィッグの値段はピンきりで、高いものもあれば、安いものもあって、
よくわからないですよね。

ウィッグはタイプによっていくつかの価格帯にわけることができます。
それぞれのタイプの相場の値段を知っていれば、
ウィッグを選ぶときの判断材料のひとつになると思います。

このページでは価格帯のウィッグはどういったものになるのか、
そのタイプをご案内できればと思います。
(※ここではフルウィッグを価格帯別に紹介しています。部分ウィッグについては触れていません。)

20,000円までの価格帯のウィッグ

この価格帯のウィッグはいわゆるファッションウィッグと呼ばれるウィッグです。
安いものだと5,000円ぐらいのものからあります。

この価格帯のウィッグは毛が化学繊維(ファイバー)でできていて
比較的値段が安いことが最大の特長です。

この価格帯のウィッグを選ぶときに難しいところは
人毛ではないので、化学繊維特有のツヤが目立つものがあるところです。
このツヤがあるとウィッグだとバレやすくなってしまうので
各ウィッグメーカーはツヤがなく人毛に限りなく近く見えるように
化学繊維の改良をしています。

どういった改良をしているのか、しっかりと調べて選ぶことが
この価格帯のウィッグを買って失敗しない秘訣です。

医療用ウィッグをもとめている若い人の中にはヘアスタイルがかわいいくて、自然だから
と医療用ウィッッグではなく、ファッションウィッグを使われている方も多くいらっしゃいます。

ちなみに弊社プリシラは日本製のファイバーにさらに加工を行うことで
艶を消し、より人毛に近い見た目のウィッグにすることに成功しています。

50,000円までの価格帯のウィッグ

この価格帯のウィッグになってくると、
毛の部分が化学繊維と人毛を混ぜ込んだ人毛ミックスのものがでてきます。
人毛は中国の方の髪の毛が多いようです。
人毛が混ぜ込まれていることで、より自然な見た目になります。
ウィッグメーカーによっては医療用ウィッグをうたうラインでもあります。

毛が手植えで植えられているものもあります。
機械で植えられたものよりも、適度なランダム感から自然な毛の密度になっていたり
手で植えることで機械で植えたものよりも軽くなっている製品が多いようです。

弊社プリシラではミセスウィッグとして販売しているものに
このあたりのラインのものがあります。

50,000以上の価格帯のウィッグ

人毛100%のウィッグやオーダーメードのウィッグになってきます。
オーダーメードの場合、注文してすぐに手に入るわけではなく
製作期間が必要です。

この価格帯になってくると金額の上限は限りがなくなってきますが
その多くはメンテナンス料金を含んだ価格になっているようです。

プリシラでは取り扱いをしていません。

まとめ

価格帯に分けて、それぞれのウィッグがどういったものか紹介いたしました。

安いから不自然でダメ、というわけではなく
それぞれの価格帯ごとにメリット、デメリットがありますので、
写真やイメージだけで選ぶのではなく
きちんと調べて選択することで、
後悔せずに理想のウィッグを購入することができます。

しっかりと調べて、納得をしたウィッグをお楽しみください。