Pocket

ウィッグを通販で買われる方が、最近増えています。
通販で買うことのメリットは店舗に行く必要がないこと、
色々な種類のウィッグを見比べることができることと
店舗で買うよりも安いウィッグを見つけることができることです。

ウィッグをかぶっているモデルさんの写真とウィッグの値段を見比べて
買われる方が多いと思うのですが、
値段が安いウィッグを選ぶときにはいくつかのコツが必要です。

安いウィッグは安いだけあって、質があまりよくないものもあります。
ウィッグを買ってがっかりしないように
ここをしっかりチェックして買えば後悔しないというコツをお伝えします。

ウィッグを通販で安いという理由で買って後悔しないためのコツ

ウィッグの艶が自然なものを選ぶ

オールウィッグ【エアリーマッシュ】A-684耐熱
「人毛ウィッグ」と人毛であることを言っていないウィッグは化学繊維(ファイバー)でできています。
ウィッグに使われる化学繊維はできるかぎり人毛に近い見た目のものを使用しますが、
人毛ではないので人毛ではありえないファイバー特有の光沢をしているものもあります。ファイバーではありますが、人毛と同じように見えるようにどういった努力をしているか
それを公開しているところであれば、艶についてはある程度の品質が保証されていると言えます。

ウィッグのカールが均一じゃないものを選ぶ

オールウィッグ【フリルカールミディ】A-693耐熱
カールやウェーブのかかったウィッグに限定されますが
カールやウェーブが均一のものは、人工的な作られた雰囲気がしてしまいます。
スタイリングである程度調整はできますが
写真のヘアスタイルから作られた感じがしないかをチェックしましょう。

フルウィッグはつむじが自然なものを選ぶ

自然に見えるつむじ フルウィッグを買う時にはあまり気にしないかもしれませんが
つむじはウィッグが自然に見えるか、見えないかにすごく影響します。

後頭部を見られた時、つむじがいかにもウィッグという感じですと
ウィッグとすぐにバレてしまいます。

買おうと思っているフルウィッグのつむじが本物の頭皮のような質感か
写真見てをしっかりとチェックしましょう。

フルウィッグをかぶって頭のボリュームが大きくならないものを選ぶ

フルウィッグを買う時に気になるのが、
ウィッグをかぶったときに頭が大きく見えないかです。ウィッグネットをきちんとかぶった上でウィッグをつければ問題はありませんが
物によっては大きく見えてしまうのものもあります。
これも写真を見てしっかりと選びましょう。

フルウィッグのネットの部分が伸びるものを選ぶ

伸縮性のあるウィッグネット
フルウィッグは頭に固定するためにある程度のしめつけを必要とします。
不必要にしめつけられると頭が痛くなりやすいので
買おうと思っているウィッグが、そうならないように対策をしているウィッグかどうかを
確認することが重要になります。

対策をしている場合は、ウィッグに頭が痛くならないような対策をしているということが
サイトのの中で解説されていると思います。

また、蒸れないように暑くならないような対策を施しているものも
多いですので、そういったものを選ばれると長時間つけるときにも安心です。

まとめ

ウィッグを通販で安いという理由で買って後悔しないために
チェックをしたほうが良いところを説明させてもらいました。

以上の点を注意すれば通販でウィッグを買っても後悔することは少ないと思います。

安いからという理由だけでウィッグを選ぶと後悔することもありますので
後悔しないようにある程度の質もそなえたウィッグを購入することをおすすめします。

プリシラのウィッグなら、ここで紹介したチェックを
すべてクリアしているので安心して買うことができます。