Pocket

nj-003-liye_img3 ハーフウィッグって自毛の色と合わせないと行けないから面倒とか、自毛との境目が不自然になるから、ウィッグってバレバレ…みたいな、ことを思っていませんか?

実際に着けてみると、そうじゃないことがわかっていただけるのですが、そんな機会がないというあなたの不安を解消したいと思います。

ハーフウィッグは前髪部分がなくクリップでとめて固定するので、フルウィッグよりもつけ心地が軽かったり、夏場はフルウィッグよりも涼しくすごせたりとフルウィッグにはない魅力がありますよ。

 ハーフウィッグを選びたい理由

ハーフウィッグは楽ちんウィッグ

ah-105-tay_howto3.jpg フルウィッグは頭にすっぽりかぶって、キャップで押さえて頭に固定しますが、ハーフウィッグは後頭部だけウィッグをかぶって、上の写真のようにウィッグに付いているコームを 髪の毛に差し込んで固定をします。

頭をおおう面積が少ないからフルウィッグよりも軽いし、コームで固定するので、フルウィッグの締めつけ感がありません。ハーフウィッグのつけ心地も軽さはハーフウィッグだからこそですね。

ハーフウィッグは不自然じゃない!

nj-005-tmgx_img3.jpg ハーフウィッグは自毛とウィッグの境目が不自然なのでウィッグとすぐにバレる。と思っている人は多いと思います。
たしかに、ウィッグと自毛の色がまったく違うと、ひと目でウィッグとばれてしまいます。でも色をきちんとあわせたうえで、着けたあとにウィッグと自毛をなじませてあげればウィッグとばれにくくなります。

それでも気になる方は、帽子、カチュームやカチューシャでウィッグの付け根を隠すと境目が見えなくなるのでウィッグとはわかりにくくなります。

同じ色の前髪ウィッグをつければ、境目をうまく隠すことができるので、まったく気にならなくなります。

 

境目が気になる人には前髪付きハーフウィッグがおすすめ

前髪つきハーフウィッグ

もっと自然に見えるハーフウィッグが欲しい人には、前髪つきのハーフウィッグがおすすめです。ウィッグと自毛の前髪をなじませれば、自毛との境目はまったくわかりません。ハーフウィッグのつけ心地とフルウィッグの自然さを両立しているアイテムです。

プリシラではエアロハーフという名前で販売しています。ハーフウィッグ初心者の方にオススメです。

ずれないか気になる人はクリップで止めよう。

ハーフウィッグはコームで止めているだけですが、
コーム自体の幅があるので、動かないようにしっかりと止めることができます。

コームで止めるだけでは、ずれてしまうと不安な方は
ヘアピンでとめてあげることで、よりしっかりと止めることができます。

ハーフウィッグのつけ方、なじませ方

itemhowto_nachukaji.png

  1. 髪の毛を下の方でタイトにまとめます。
  2. ウィッグのコームの両サイドを持ち、前髪の生え際に装着します。
  3. ウィッグの下側にあるコームを引っ張り、襟足部分に差します。
  4. キャップの両サイドを引っ張り、キャップ内のクリップで更に固定します。前髪となじませて完成です

 

まとめ

ハーフウィッグの自然さやつけ方、なじませ方についての不安は解消されましたでしょうか?

ウィッグといえばフルウィッグを連想しますが、ハーフウィッグはフルウィッグと違う魅力があります。

前髪ウィッグとの合わせ技など、ハーフウィッグじゃないとできないアレンジもありますので、一度ハーフウィッグにも挑戦して見る価値はあるかと思います。

プリシラでもハーフウィッグを多数取り扱っていますので、よろしければご確認ください。