Pocket

フルウィッグのつけ方をわかりやすく紹介したいと思います。気をつけないと、不自然で頭が大きく、長く見えてしまうので、このページでフルウィッグのつけ方を確認して下さい。

きちんとつければ、フルウィッグがより自然で馴染むようになります。ウィッグをつけた時に、ウィッグが不自然とお悩みの方は、つけ方を見直すことで、ぐっと自然に見えるようになります。

ファッションウィッグもコスプレ用のウィッグも基本的なつけ方は同じです。自然に見えるつけ方は簡単にマスターすることができますよ。

頭が大きく見えないフルウィッグのつけ方

フルウィッグをかぶる前に、ネットをつかって頭を小さくする

フルウィッグはウィッグネットをかぶらずにつけることはできます。でも、ネットをつけることで自毛のボリュームを抑え、頭が不自然に大きく見えてしまうことを防ぐことができます。

ウィッグをかぶると頭が大きくなってしまうとお悩みの方は、ウィッグネットをかぶってから、ウィッグをつけるようにすればウィッグを自然に見せることができるようになります。

ウィッグネットをつけてもやっぱり大きく見えてしまう場合は、ウィッグネットをかぶる前にできる限り髪の毛を平らにつぶしてください。髪の毛を潰して頭の大きさを小さくすればするほど、できあがった頭が小さくなります。

髪の毛をつぶすコツをマスターすれば自毛がロングヘアでもショートヘアでもウィッグを自然にかぶることができるようになりますよ。

ウィッグネットのかぶり方のコツを動画で確認しよう

  1. ウィッグネットをまず首までおろします。
  2. ウィッグネットを上にあげ、髪の毛をおおいます。ウィッグネットの太い部分を生え際のところにあわせます。
  3. ネットからはみ出ている髪の毛をネットの中におさめます。
  4. 髪が長い場合はみつあみにしてから、ネットにおさめるとおさめやすいです。
  5. 口をピンで止めるか、結ぶとおさまりがよくなります。
  6. ネットにおさめても、ボリュームを多く感じる時は手でならして、平らにすると小さくなります。

不自然に見えないフルウィッグのつけ方

フルウィッグのつけ方を動画で確認しよう

  1. ウィッグは前からかぶります。
  2. 後頭部をウィッグの中におさめます。
  3. ウィッグのこめかみあたりにある硬い部分を、自分のこめかみに合わせるように位置を調整します。
  4. つけてみてウィッグが小さく感じたり、逆に大きく感じる時は、一度はずしてアジャスターでサイズを調整しましょう。
  5. 自毛とネット、ウィッグをまとめてアメピンでとめれば、固定されてずれにくくなります。
  6. 手ぐしやブラシで整えて完成です。この時ワックスなどを使ってもOK。

 

簡単にわかるフルウィッグのお手入れ

フルウィッグを使ったら、お手入れも忘れずに。ウィッグも使っているうちに傷んできますので、傷んできたと思ったらケアをしてあげてください。

ケアの方法についてはプリシラのウィッグのお手入れのページにて紹介をしていますのでよろしければご確認ください。

 まとめ

フルウィッグはつけ方に気をつけないと、良いウィッグを使っていても不自然に見えてしまうことがあります。
丁寧につけるだけで、グッと自然な見た目になりますので、つけ方の基本を抑えて正しいフルウィッグのつけ方を身につけてください。

プリシラではコツを使わなくても自然につけられる、頭が大きくならないウィッグを目指し、商品を開発しています。
プリシラのサイトではなりたい髪型やシーンで選べるウィッグ特集を公開しています。ぜひご覧ください。