Pocket

ウィッグには大きく分けて2種類あるのをご存じでしょうか。

スッポリとかぶる”かつら”タイプのフルウィッグと、部分的につけるポイントウィッグです。

また、フルウィッグはプリシラではオールウィッグと呼んでいます。

今回はフルウィッグ(オールウィッグ)を買う前に知っておきたい知識について詳しくご紹介します。

フルウィッグは思いっきりイメージを変えたい時にオススメ

オールウィッグ【ノーブルショートボブ】A-691耐熱

フルウィッグは、思いっきりイメージを変えたい時におすすめです。

地毛をカットしたりカラーしたりすることなく、ガラッとスタイルチェンジ・

イメージチェンジすることができます。

地毛をすべてネットに収めてかぶるので、ショートカットやロングヘアなど、

自分のしたいスタイルも思いのままです。

学校や会社の規則で普段は黒髪じゃないといけない方も、フルウィッグを使えば

休日は明るいカラーのフルウィッグでスタイルチェンジすることができます。

逆にバイトの時に黒髪にしないといけない方は、バイト中だけ

黒髪のフルウィッグをかぶってるなんて話もよく聞きます。

フルウィッグを選ぶ時のポイント

安心の日本製ファイバー100%を使用

フルウィッグをせっかく買っても、ウィッグだとバレバレじゃ意味がないですよね。

そんなことにならないよう、フルウィッグを買う時のポイントを紹介します。

つむじが自然か

ウィッグが不自然に見える理由の1つにつむじが挙げられます。

できるだけ人工皮膚(スキン)を使用しているものを選び、毛の流れが自然なものを選びましょう。

質の悪いウィッグだと、つむじ部分の髪が詰まりすぎていたり、

逆にスカスカになっていたりと不自然なことが多いです。

ファイバー(人口繊維)のテカリがないか

年配の方向けのウィッグは人毛でできていることもありますが、ファッションウィッグの多くは

ファイバー(人口繊維)でできています。このファイバーが質の悪いものだと、

ウィッグ特有のテカりがあったり、静電気が起こりやすかったりします。

また、毛がすぐに絡まってしまうなどの問題もあり、長持ちしません。

頭の大きさに調節できるか

フルウィッグは、アジャスタがついていてサイズ調整できるものを選びましょう。

頭のサイズとウィッグが合っていないと、ずれてしまったり不自然な見た目になってしまいます。

また、伸縮性のあるものを選ばないと、長時間かぶっていると頭が痛くなってしまうことがあります。

アジャスタが付いていて、フィット感があるものを選びましょう。

通気性に優れたものを

ウィッグを長時間かぶっていると、蒸れてしまうことも。

通気性の良い素材を使っているかどうか確認しましょう。

フルウィッグのかぶり方

基本のかぶり方

オールウィッグ

(1)付属のネットを首までかぶります。

(2)生え際まで引き上げ、ヘアーバンドのようにかぶります。

(3)ネットを折りたたみ、ピンで固定します。

(4)ウィッグの前髪部分を持ち、おでこの方から後頭部まですっぽりかぶります。

ブラシや手グシで整えてできあがり!!

地毛がロングの方は三つ編みするのがおすすめ

地毛がロングで、髪の毛をネットに収めにくい方は、地毛の髪の毛を両サイドに2つに分け、三つ編みをしてネットに収めましょう。コンパクトに収めることができ、ウィッグもかぶりやすくなります。

かぶり方を動画でチェック

 フルウィッグのお手入れ方法

せっかくお気に入りのウィッグを見つけたら長持ちさせたいですよね。

そこでフルウィッグを長持ちさせるお手入れ方法を紹介します。

きれいな状態を保つためには使用前後にブラッシング

フルウィッグをかぶる前後はブラッシングしましょう。

できれば市販の物ではなく、静電気を防止することのできるウィッグ専用のブラシを

使用することをおすすめします。

カールのあるウィッグの場合、コームの先などでほぐすようにブラッシングしましょう。

ブラッシングする際に、オイルスプレーを一緒に使用すると、摩擦を軽減し仕上がりも綺麗になります。

ウィッグの傷みが目立った時や絡みが出てきた時にはシャンプー&リンス

傷みが少し目立ってきた時や、絡みが酷くなったなどはシャンプー&リンスを行ないましょう。

市販のシャンプーやリンスを使用することもできますが、ウィッグ専用のものは

ファイバー用に作られているのでできれば専用のものを使用することをおすすめします。

洗面器などに水(ぬるま湯)をいれ、シャンプーを溶いた水にウィッグをつけて丁寧に押し洗いをしましょう。

ウィッグを長持ちさせたければウィッグスタンドで保管

ウィッグをポーチに入れて保管してもいいのですが、癖がついたり、絡まったりしてしまう場合があります。

ウィッグスタンドでの保管の方が、髪の毛が絡まる心配もないですし、きれいな状態を保つことができます。

まとめ

アレンジの効く部分ウィッグも魅力ですが、ウィッグと言えばやはりフルウィッグですよね。

初めてウィッグに挑戦する方も、まずはフルウィッグから挑戦する方が多いと思います。

地毛を切ることなく、手軽にイメージチェンジできるフルウィッグはとても便利です。

今回ご紹介した3つの知識を参考に、ウィッグライフを楽しみましょう!