Pocket

tx-20-tay_howto2.jpg

髪を短く切りすぎた!!伸びるまで待てない。
たまにはロングヘアーにしてイメチェンしてみたい。
でも、どうしたらいいんだろう?
こんな時に思い浮かべるのは『エクステ』ですよね。エクステは髪の長さを足すのにとっても便利です。
一言にエクステといっても、エクステには大きくわけて2つのパターンがあります。
それは、美容院にいって自毛の毛束にエクステを編み込んだり接着したりするパターン。
もうひとつは、ウィッグのレーンエクステンションを自毛にクリップで留めるだけのパターン。
今回は、美容院にいく必要がなく簡単に着けることができるレーンエクステンションをご紹介します。
プリシラでは大人気の『めちゃ楽エクステ』としてご用意しています。
一体どんなものなのか、どうやって使うのか、レーンエクステンションの基本を学びましょう。

ウィッグのレーンエクステンションの基本

レーンエクステンションの見た目

レーンエクステンションの表側

表側は、ウィッグの毛部分であるファイバーを縫いつけているレーンが見えないようにできています。
幅約2cm程のレーンに、3段階にずらしてファイバーを縫いつけることで、より自然な見た目になるようにしています。
一ヵ所にまとめて縫いつけないことによって、厚みが出ないようにしています。
自分にはどの程度のボリュームのエクステが必要なのか、カール感など全体のバランスをみて確認しましょう。

tx-21s-tmgx_item-up_12aw

レーンエクステンションの裏側

裏側は自毛に留める為の、ワンタッチ装着が可能なクリップが付いています。
クリップを複数付けることにより、ずれにくく、しっかりと固定ができるようになっています。
プリシラでは、ファイバーのボリュームが多めのエクステにはクリップを4個取り付けています。
デザインによって安定性をはかる工夫をしています。
また、クリップの内側にはズレ防止の為のゴムが付いているので安心です。

vx-24-tay_item-up2

レーンエクステンションの着け方

着け方はとっても簡単です。
自毛をブロッキングしたところに、エクステをあてパチンとクリップで留めるだけです。
人によっては、レーンが長すぎて余ってしまう場合があります。
そんな時は、アメピンを使ってサイズ調整をしましょう。レーンの余分な部分を折り返しアメピンで固定します。
ここでのポイントは、頭部の片方の端に余分なレーンをまとめて折り返し固定をしてしまわないことです。
エクステのレーンの中心は後頭部の中心に合わせましょう。
そうすると頭部の両サイドで同じ長さの余分なレーンを折り返すことができ、バランスよくサイズ調整ができます。

vx-24-liye_9679.jpg

動画でレーンエクステンションの付け方をチェック!

レーンエクステンションの基本の付け方を動画でも確認してみましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?ウィッグのレーンエクステンションだとワンタッチの簡単装着で取り外しも楽々ですよね。
自毛の根元に編み込んで着けるエクステだと、頭皮を清潔に保つことや、自毛が伸びてくるとスタイルを保つのも難しいものです。
洗髪の手間や着け替えのコストを考えると、ウィッグのエクステを選ぶ方がライフスタイルにあっている方が多いのではないでしょうか。
簡単でオシャレに変身できるレーンエクステンションは、プリシラでは『めちゃ楽エクステ』として展開しています。
今回ご紹介できなかっためちゃ楽エクステのスタイルを、プリシラのサイトではたっぷりご覧いただけます!
ぜひぜひプリシラのサイトに遊びにきて『めちゃ楽エクステ』をチェックしてみてくださいね!