Pocket

a-668-tnc_9821

ウィッグには、人毛で作られたものと、人工毛(ファイバー)で作られたものがあります。
どちらの毛で作られているかで、ウィッグの性質や価格に差が出ます。
それぞれのウィッグの特徴を知って、どちらのウィッグが自分のほしいものがどれかを検討してみましょう。

今回は、人毛と人工毛で作られたそれぞれのウィッグの特徴としてメリットとデメリットをご紹介します。

ウィッグの人毛と人工毛の違いをチェック!

人毛ウィッグは手間がかかるし高いけどとにかく自然

人毛のウィッグは、その名の通り、化学繊維でできた毛ではなく、実際の人の髪を使用しています。
その為、見た目や手触りが自然であるのは言うまでもありません。
値段が高いものも多くて、とにかく自然でウィッグだとばれたくない、医療用などの目的で使用したいという方が人毛ウィッグを選ばれることが多いです。
では、人毛ウィッグの特徴をメリットとデメリットで確認してみましょう。

人毛ウィッグの5つのメリット

・見た目と手触りが自然
・カラーリングやパーマが可能
・コテやドライヤーなどで自毛と同様のスタイリングが可能
・自毛に馴染みやすい
・シャンプーなど普段使いの洗髪剤が使用可能

人毛ウィッグの5つのデメリット

・人の髪を使用しているので毛質に個体差がある
・価格設定が高い
・スタイリングが崩れやすい
・徐々に色褪せる
・シャンプーなどのマメなお手入れが必要

人工毛ウィッグは品質を吟味すれば、自然で安くておしゃれなデザインを楽しめる

人工毛のウィッグは、ポリエステル系の化学繊維でできています。
デザインの再現しやすさとなんといっても価格が安いので、おしゃれウィッグの主流となっいます。
毛質も、近年では本物の髪の毛に近い自然さを再現できている高品質なウィッグも多くあり、コストパフォーマンスは人毛ウィッグより優れています。
では、人工毛ウィッグの特徴をメリットとデメリットで確認してみましょう。

人工毛ウィッグの6つのメリット

・若い人向けのものが多いので、おしゃれなデザインが多い
・形状記憶でスタイリングのもちが良い
・価格設定が安い
・耐熱ウィッグは、コテやドライヤーの使用が可能
・ほとんど色褪せない
・水に濡れても乾くのが早いので洗うのが楽

人工毛ウィッグの5つのデメリット

・化学繊維の為、ウィッグ特有のテカリがある。
・静電気を起こしやすいので専用のブラシを使った方が良い
・自毛と馴染みにくいことがある
・パーマやカラーリングができない
・シャンプーなどの洗髪剤は専用のものを使う

プリシラの人工毛ウィッグは安くて高品質!

プリシラの人工毛(ファイバー)ウィッグは、国内メーカー製ファイバーを使用し、リピーターが多いのが強みです。
特に一部の商品で使っている新ファイバーは人工毛ウィッグの弱点のテカリを軽減するために、さわってもわからないぐらいの凸凹加工をし、人毛特有の自然な艶を再現しています。
髪の色も、1色だけの平坦なカラーではなく、人毛ならではの陰影を表現するため複数のカラーをミックスしていて、肌馴染みも抜群です。

プリシラのウィッグの自然さについて解説します!

プリシラの人毛と人工毛ミックスのウィッグ

プリシラでは、人工毛に人毛を混合した、人毛ミックスのウィッグも展開しています。

ミックスの比率は、人工毛がメインで人毛は20%程度におさえています。
その理由は、人毛を入れ過ぎるとスタイリングの保持が難しくなる為です。
絶妙な比率でミックスすることにより、自然な見た目とデザイン性の高さを両立しています。

a-662-tdb_img

プリシラの人毛ミックスのウィッグはこちら!

まとめ

いかがでしたでしょうか?人毛と人工毛のウィッグのメリットとデメリットを知ることで、自分にあったウィッグを選択することができます。
羅列された条件をみると、正直どちらにしようか迷ってしまいますね。
ですが、大事なのはどこに重点をおくのかです。自身の一番外せない条件を見極めるのが良いウィッグに出会うコツです。
プリシラでは、人工毛のおしゃれウィッグと、人毛と人工毛をミックスしたウィッグをご用意しています。
是非、プリシラのサイトでじっくりと見比べて素敵なウィッグを見つけてくださいね!