Pocket

a-656-tay_img1ウィッグの定番と言えばフルウィッグ。購入したフルウィッグをうまくかぶれなくて放置していませんか?

最初は難しいかもしれませんが、ウィッグのかぶり方は慣れてくると、本当に簡単にきれいにかぶれるようになります。

誰にでも違和感なく自然に見えるようになるかぶり方をご紹介します。

 

基本的なウィッグのかぶり方

ウィッグを綺麗にかぶるには、自毛をまとめるためにウィッグネットを着用する必要があります。

自毛をコンパクトにまとめると、ウィッグがかぶりやすくなるし、できあがりも不自然に膨らむこともなくて自然な仕上がりになります。ウィッグをかぶると頭が大きくなってしまうと悩んでる方は、ネットの中に小さくおさめる練習をしてください。仕上がりが変わりますよ。

ウィッグネットがなくてもかぶる事はできますが、綺麗にフルウィッグを装着するにはネットは必須です。

ウィッグネットの基本的なかぶり方

1,付属のウィッグネットを首までかぶります

2,生え際まで引き上げ、ヘアーバンドのようにかぶります

3,ウィッグネットを折りたたみピンで固定します

自毛をネットの中にきちんとおさめることで、ウィッグをかぶった時の自然な見え方が違ってくるのでとても重要です。きっちりとコンパクトに収めましょう。

ウィッグの基本的なかぶり方

フルウィッグには後頭部にアジャスターが付いているので、サイズの調整が可能です。サイズは基本的にフリーサイズで、ウィッグ自体に伸縮性があるものが多いです。
品質の悪いものには伸縮性があまりないために違和感があるものがありますので、購入の際には、そこをチェックするようにしてください。
フルウィッグをかぶってみて、安定が悪いと感じる時は、見えない部分をヘアピンでとめるとでグッと安定させることができます。

 ウィッグを2個使いした上級者のかぶり方

基本のかぶり方をマスターしたら、アレンジにも挑戦してみましょう。ちょっとした工夫を加えるだけで、イメージが全然違うウィッグに変身できますよ。

今回紹介するにはウィッグ2個使いのアレンジです。フルウィッグとは別にもうひとつのウィッグを使うことで、まったくイメージの違うヘアスタイルに変身することができます。

上級者向けのウィッグアレンジですが、アレンジの幅が広がりますし、ぜひ挑戦してみてください。

長めの前髪をチョイスしてイメチェン!ワンレンボブ×前髪あみこみ

用意するものは『フルウィッグ』と『前髪ウィッグ』と帽子です。
あみこみのしやすい長めの前髪ウィッグを選ぶようにしてください。
前髪をあみこむだけで上級者のヘアスタイルが完成します。

フルウィッグと襟足ウィッグの2個使用!簡単2トーンヘアー

用意するものは『フルウィッグ』と『襟足ウィッグ』と帽子です。これだけで凄くオシャレな2トーンヘアーが完成します。ウィッグだからできる2トーンヘアーを楽しんでください。

まとめ

ウィッグをかぶる前にウィッグネットを丁寧にかぶることと、ずれたり浮いてきたりしないように、できるだけ深くかぶるのがポイントです。

きちんとかぶることで、より自然に見せることができますよ。

自然にかぶることができるようになったら、上級者向けのアレンジに挑戦。ここまでくれば、そのヘアアレンジの可能性がグッと広がってきます。

かぶり方を練習して、お気に入りのウィッグを活用してくださいね。