Pocket

a-661-tcb_img13

医療用のウィッグが必要になり購入を考え、ひとまずインターネットで情報を集めていたら目にとまったのが”レンタル“という言葉。
まさか医療用ウィッグがレンタルできるなんて考えもしなかった、という方も多いのではないでしょうか?

レンタルか購入か、どちらの方法で医療用ウィッグを手に入れるのが自分の都合に合っているのかを判断するために、今回は医療用ウィッグの“レンタル”と“購入”のそれぞれのメリットとデメリットについてご紹介いたします。

がんの治療による副作用で脱毛したときに医療用ウィッグを使用するにあたって

治療の副作用により脱毛の症状がでる場合、治療方法によって脱毛の時期や症状が違います。

放射線治療の場合は、通常、治療開始2~3週間で脱毛がはじまります。毛根の状態や個人差にもよりますが、治療終了後、2〜3ヶ月で自毛が生えはじめます。

抗がん剤治療の場合は、通常、治療開始1~3週間で脱毛がはじまります。治療が終了して1~2ヶ月で自毛が生えはじめます。個人差や治療方法により異なりますが、3~6ヶ月でほとんど回復します。

医療用ウィッグを考えているならば、担当の医師に脱毛の可能性、治療開始日、期間を確認した上で準備するのが良いでしょう。また、治療後の自毛の再生についても先に聞いた上で、脱毛していてウィッグが必要な期間をおおよそにでも把握できると計画が立てやすくなります。

医療用ウィッグは“レンタル”と“購入”のどちらが良いの?

自身の治療方法や大体の治療期間を把握したら、医療用ウィッグをレンタルするのか、購入する方が良いのかを考えましょう。

レンタルと購入のそれぞれのメリットとデメリットをみて、自身の都合に合うかどうかを検討してみましょう。

医療用ウィッグのレンタルは短期間の使用に適している

医療用ウィッグのレンタルのメリット

医療用ウィッグのレンタルは、初期費用をおさえられるメリットがあります。
ウィッグが自分にあうかどうかを確認するために1日だけのお試しレンタルもできます。

レンタルの場合は、初期登録の費用と日額の料金でウィッグを借りることができます。そのため高額のウィッグを購入するより最初の費用を抑えることができます。
初期登録の費用は、数千円台~数万円とウィッグメーカーによって様々です。日額は150円や300円程の金額でレンタルできます。

最長のレンタル期間を超えてレンタルの継続をする場合は、同じものを使い続けるのであれば無料でプレゼントしてくれるウィッグメーカーもあります。

オーダーメイドで自分仕様にする必要がなく、短期的に使用することがわかっていればレンタルの利用を検討してみるのも良いでしょう。

a-662-tay_img7

医療用ウィッグのレンタルのデメリット

レンタルは、治療の期間が伸びた場合や治療後もウィッグを継続して使用したい場合に費用がかさんでしまいます。

当初に予定していたレンタル期間を超えて利用すると、日額の費用がプラスされ見積もっていた金額より高額のレンタル料になり、延長する日数によっては数万円のウィッグを結局は分割で支払ったことになってしまいます。もし1年が最長のレンタル期間だとしても、たとえば150円を払い続けると単純計算して365日で54750円です。長期になると数万円単位でかかってしまいます。

数日間の使用でウィッグが合わずレンタルを解約する場合に、初期の登録費用がもどってこないこともあります。解約した場合などの契約内容はしっかり確認した方が良いでしょう。

最長のレンタル期間を超えて使用を継続する場合に、ウィッグの劣化具合で別のウィッグに変更するとなると、新たに登録費用を支払う必要があったりもします。初期登録の費用や日額もウィッグのランクやデザイン、仕様により料金に差が生じます。

また、あくまで借り物なので、不必要に気を遣って使用することもあるでしょう。

医療用ウィッグの購入は長期間の使用に適している

医療用ウィッグの購入のメリット

医療用ウィッグの購入は、長期的に使用するのであれば断然お得になります。
レンタルと違って自分のウィッグになるので気兼ねなく使用することができ、カットしたりスタイルを変更することもできます。

オーダーメイドのウィッグになると、自分の頭囲や形に合わせて細かなサイズ調整などをして、よりフィット感の高いウィッグを使用することができます。
最近では、既製品のファッションウィッグでも高品質かつ安い価格帯で1万円台から購入することができるので費用を抑えることも可能です。

自毛が生え出してから元通りの髪型になるには上記で紹介した通り、3~6カ月かかることになります。
使用期間で日割り計算してレンタルした場合の見積もりと比較してみましょう。

また、ウィッグメーカーによっては店舗で実際にかぶってお試ししてから購入することもできます。アフターケアが充実している面もあるので安心です。

a-662-tdm_img9

医療用ウィッグの購入のデメリット

購入する場合は、手植えやオーダーメイドの医療用ウィッグを選んだ場合に初期費用が高くなってしまいます。

オーダーメイドの医療用ウィッグは10万円を軽く超えますし、そうでないお手頃と銘打ったものでも数万円はします。初期費用として数万円から数十万円かかり高額になるため、医療費用との兼ね合いで費用を抑えたい場合に購入をためらってしまいます。

ウィッグは消耗品のため、使用頻度やお手入れ具合によって品質が劣化していくのは必至です。再度購入する必要もでてくるので、高額なウィッグを選ぶ場合は買い替えの点も考慮しておく必要があります。

医療用として使える高品質な ファッションウィッグをおすすめする理由

最近では、医療用ウィッグとしてファッションウィッグを使われる方が多くいらっしゃいます。主な理由はこちらでしょう。

1・安くて高品質
2・既製品だから待たずにすぐ使える
3・デザインが豊富

既製品のファッションウィッグだからこそのお値段設定で1万円に満たない金額で手に入れることができます。
オーダーメイドではないので、採寸や製作期間で時間がかかることがなく、すぐに必要な場合でも手に入れることができます。
ファッションウィッグならではの流行を取り入れたおしゃれなデザインが豊富なので、若い方にも使いやすく人気があります。

プリシラはファッションウィッグのブランドですが、多くの方が医療用ウィッグとして使用されています。人毛をミックスした総手植えから、ファイバー(化学繊維)を機械植えしたウィッグまで幅広いウィッグを揃えています。
医療目的だからといって3万円の手植えのウィッグを使用されているかというとそうではありません。プリシラの1万円弱の機械植えのウィッグはとても人気があります。お手頃価格なのに毛質が良いというお客様からのお声をたくさんいただいています。

ウィッグのファイバーは、キシキシしていて固い毛質でウィッグ特有のテカリのあるイメージがあります。
プリシラのファイバーは独自に開発した配合技術で、人毛のように細く柔らかく自然な艶感があり、そしてサラサラです。

どんなに高級なウィッグでも使用しているうちに劣化してしまいます。高品質でお手頃なファッションウィッグなら買い替え時の費用負担も軽くなります。
医療用ウィッグを検討する時は、ぜひファッションウィッグも候補に入れてみてください。

まとめ

上記を参考にして、治療期間や経過を考慮して医療用ウィッグを“レンタル”と“購入”のどちらが自身の都合に合うのかをよく吟味しましょう。

医療用ウィッグを使用するにあたって、自分の譲れない条件を決めておくとレンタルするか購入するかを決めやすくなります。

医療用だからといって高額なオーダーメイドのウィッグだけでなく、ファッションウィッグの選択肢もあります。

プリシラでもたくさんの方が医療用ウィッグとしてプリシラのウィッグを使用されています。是非一度プリシラのサイトをチェックしてみてください。