Pocket

※2018/07/25追記※

突然ですが、今は空前の女装ブームです。

男の娘で検索すれば、男とは思えない
かわいい女の子(?)の画像がいっぱい出てきますよね。
どこかの男子校ではミスコンなんてものを開催していて、
ミスコンの定義がグラグラと揺れています。
どうなっているのでしょうか。

最近ではギャル雑誌からホスト雑誌にいたるまで
女装対決特集なんかが組まれています。

プリシラウィッグよく使われてるよ。(こそっ)

 

ここまで流行していると
「自分もやってみたい」と思いはじめるのが人情というもの!

女装してみたい!って思っても、
生まれてからずっと男として生きてきたので
何をしていいのか全然わかりませんよね。

服はまだわかりますが、メイクなんて未知の世界です。

そこで、女装の方法とそのコツを、
日ごろから女装にプリシラのウィッグを使ってくださっている
プリシラ心斎橋OPA店の常連様にうかがいました。

このページを見ながら女装の練習をすれば、
女装をマスターできちゃいます!

女装を仕上げるウィッグは
もちろんプリシラのウィッグを使ってくださいね!(宣伝)
可愛い男の娘、女装娘を目指しちゃいましょう!

読むだけでわかる女装メイクの方法とわかりやすいコツ

メイクの前の下準備

メイクの前には髭をしっかりと剃りましょう!

髭は一番に剃ってしまいましょう。
毛の流れに逆らって剃る逆剃りは出血や肌荒れの原因になるので、
蒸しタオルとシェービング剤を使ってヒゲソリ(not電気カミソリ)で
丁寧に毛の流れにそって剃りましょう。

耳の下などの見にくい部分は剃り残すことが多いので
気をつけてキチンと剃るようにしましょう。

髭の青さが気になるかもしれませんが、
あとでコンシーラーを使って隠すので、
この時点では気にする必要はありません。

メイクの前に重要なのは保湿したお肌を作ること!


髭をできるだけ深く剃るのは重要ですが、
それと同じぐらいに重要な事はお肌の保湿です。

保湿されたお肌と保湿されていないお肌では
メイクのなじみ方がまるで違います!
メイクの前にはとにかく保湿が重要なので、
化粧水と乳液をコットンで丁寧にパッティング、
しっかり保湿されたキレイなお肌を作りましょう。

保湿は化粧水だけでなく、乳液でさらに潤いを重ね
最後に美容液やクリームを使うことで
潤ったお肌から水分が逃げないように蓋をすることができます。

化粧水の後は、必ず乳液⇒クリーム(or美容液)で仕上げましょう。
化粧水だけだと水分が乾燥してしまい逆効果です!!
この工程を怠らなければしっかりと保湿されるので、
お化粧のノリが違ってきます。

お肌が整ったら、カラコンとアイプチで目を大きく!

保湿が終わったら、目を大きくみせるためにカラコンをつけて、
アイプチやアイテープでくっきり二重を作ってからメイクに入ります。
カラコンやアイプチに抵抗がある人も多いとは思いますが、
目の大きさはかわいさに直結=女装の完成度に影響するので
使うことをオススメします。
また、二重幅を広げることでお人形のようなパッチリアイが完成します。

ウィッグネットをかぶるとメイクがしやすくなる!

ウィッグをかぶるときにつかうウィッグネットを
メイクの前からつけておくと、
メイクがしやすくなるのでオススメです。
そのまま後でウィッグをかぶるので、
髪の毛はすべてウィッグネットの中に
できるだけコンパクトに収めてください。
コンパクトにすることで、
ウィッグをつけた後に頭が大きくなってしまうのを防ぐことができます。

女装のためのメイクをはじめましょう!

クリーム状のコンシーラーでお肌の凹凸を隠します


まず、コンシーラーを顔全体に伸ばします。
コンシーラーとはシミ・そばかすを隠すための毛商品です。
ペンシルタイプやスティックタイプなど
テクスチャーもいろんな種類ががあるのですが、
男性の凸凹としたお肌を隠すためには、
カバー力のあるクリーム状のものがオススメです。

フェイスパウダーで毛穴を隠します


コンシーラーを顔全体にのばしたら、
次にプレストパウダー(粉おしろい)を使います。
プレストパウダーは毛穴を隠すことができる化粧品です。
毛穴を隠すだけではなく、きめ細かいお肌に見せてくれます。
注意点としては、お顔全体に均等にはたくこと。
きちんと付けることができれば、
陶器のような毛穴レスなお肌になることができます。

顔にメリハリと艶をつけるためにハイライトを!


顔に立体感をつけるために
ハイライトを目の下(頬骨と目の間)と鼻筋に入れます。
ハイライトを入れることで、顔にメリハリができ艶感も出てきます。
ハイライトはハイライトという名前の
化粧品を使って入れることができます。
微調整しながら入れるために
細いブラシを使って少しずつ入れましょう。

ハイライトには主にクリームタイプとパウダータイプがありますが
今回はパウダータイプを使っています。
メイク初心者さんにはパウダータイプの方が使いやすいです。

チークは輪郭がシャープに見えるように斜めに!


チークは輪郭がシャープに見えるように、斜めに伸ばします。
チークは使いやすいパウダーチークを使っています。
チークにはクリーム・リキッド・練りタイプ等様々なチークがあります。

チークには種類だけでなく、
カラーもたくさんあり過ぎてどれを選ぶか難しいですよね。

青白い系の肌の方(ブルーベース肌)は青みピンク・ローズ系
黄色い系の肌の方(イエローベース肌)はオレンジ・ベージュ系のものが似合います。

綺麗系・可愛い系・ギャル系など、
着たい服装にあわせてチークカラーを使い分けしましょう。

チークは質感や入れ方で表情が変わってくるので、試行錯誤が重要です。
やりかたはメイクのサイトなどを見て研究するのもいいですよ。

アイブロウを使って眉もきっちりと!


アイブロウをつかって、眉にもメイクをしましょう。
アイブロウにもペンシル・リキッド・パウダー等、様々な種類がありますが
今回はパウダーを使ってふんわりとつけてください。
着けるウィッグのカラーが明るいときは眉も明るく、
ウィッグのカラーが暗いときは眉もあわせて、暗い色のものを選びましょう。

男性は自眉が黒々と濃いことも多いと思いますが、
そのときは眉マスカラを使うと発色が良いのでオススメです。

大きな目になれる付けまつ毛はマスト!!


ふさふさまつ毛は憧れですが、
女性のようにまつ毛エクステをするわけにもいかないですよね。
そんなときには付けまつ毛が重宝します!

付けまつ毛は、目を大きく見せるために
幅が広いデザインをチョイスします。
付けまつ毛のつけ方には、アイラッシュグルーとアイプチでつける方法がありますが、
肌に優しいアイプチがオススメです。

付けまつ毛の装着に慣れてきたら下まつ毛にも付けてみましょう。

最難関!アイメイクは左右対称に!


目の下の目尻側3分の1に、茶系のアイシャドウを塗ります。
そのあと、アイホール全体にベージュ&茶系のアイシャドウで
グラデーションをつくります。
カラーメイクも可愛いですが無難なのはブラウン系メイクですね(^^)

アイシャドウは、指で塗ると想定より大きな範囲に
色が乗ってしまうことがあるので、必ずチップや筆を使いましょう。


その後、リキッドアイライナーで目尻をはね上げて描き、
下まぶたに薄く白パール系のアイシャドウを入れると
アイメイクは完成です。

左右対称のバランスになるように、
何度も鏡を見てチェックをしながらメイクをしましょう!!
顔が左右対象になることがとにかく難しく、とにかく重要です。

リップはオーバーリップ気味がセクシー!


唇には、リップブラシで口紅をしっかり塗り、艶のあるグロスで仕上げます。
口紅もグロスも実際の唇よりも
少し大きめ=オーバーリップ気味に塗ることで、
ふっくらとしてセクシーな唇にすることができます。

メイクの完成

これでメイクは完成です。
次はウィッグをかぶって髪型を女性にしていきましょう。
人の見た目は7割は髪型で決まると言われるぐらい髪型は重要な要素です。

髪型が決まっていれば
メイクなんてしなくても女装はできる!は言い過ぎですが、
せっかくメイクが決まっていても髪型が男のままだったり、
ひと目でウィッグをかぶっているとわかるような髪型では
完成度の高い女装とは言えません。
キャラクターのコスプレの女装でなければ、
ファッションウィッグメーカーのウィッグを選ぶようにしましょう。

ファッションウィッグを選ぶ理由は、コスプレ用のものよりもずっと自然で
かぶってもウィッグに見えないものが多いことです。
すぐにウィッグとわかってしまうような品質のものも多いので、
自然な見た目という評判や口コミがあるウィッグを買うようにしましょう。

ファッションウィッグは、
その時に流行っているヘアスタイルが豊富で
カラーも多数揃えられているので、
お好みのカワイイ髪型を簡単に見つけることができます。

せっかく女装をするのですから、
メイクと同じぐらい髪型にも力を入れてましょう。
きっと女装してよかったと思える女装ができるはずです。

画像と動画で簡単にわかる女装のウィッグのつけ方

女装のときにウィッグを自然に見せるつけ方


ウィッグをかぶる前にウィッグネットで髪をまとめます。
髪の毛はすべてネットの中に収納しましょう。
その時、ウィッグネットはできる限り小さくまとめてください。
コンパクトにおさめることで、
仕上がりの頭の大きさを小さくすることができます。
プリシラの場合ウィッグネットはウィッグについてくるので、
別途購入する必要はありません。

ウィッグは前髪のほうからかぶって、
こめかみの位置をあわせるように調節します。
大きさに違和感があるときは
ウィッグのアジャスタで調整してください。

大きさに違和感がある状態は、
ウィッグがとれる原因のひとつなのでしっかりと調整してください。
つけ心地も快適になりますよ。

こめかみの位置が決まったら、
ウィッグの襟足を引っ張ってウィッグの中に自毛をすっぽり収めます。
うまく固定ができないときは
ウィッグの大きさがあってないかもしれないので、
もう一度アジャスタで調整しましょう。

それでも固定できないときは
アメピン(飾りのない黒くて細いヘアピン)でとめても構いません。

そのままだとウィッグっぽさが出すぎるので、
ブラシでとくなどして調整すれば完成です。

今回のモデルさんにつけていただいているのは、
女性向けの既成品のウィッグです。

オールウィッグ【ナチュラルストレート】A-688耐熱

 

男性向けのものと比べて、
やや小さめの頭囲53~57cm向けの大きさになっています。
女性用は小さいと不安になる方も多いと思いますが、
プリシラの伸縮キャップを使ったウィッグは伸びるので
男性でも比較的楽につけることができます。
頭が大きいとお悩みの男性にもご愛用いただいています。

ウィッグをつけたことがない方は、
文章と画像だけではつけ方のイメージがわきづらいと思います。
動画を見て、どのようにつければ良いのか確認してみてください。
全体の工程がわかるとウィッグがぐんとつけやすくなります。

女装メイクとヘアで一番重要なのはバランス!


女装で重要なのは、ウィッグ×ファッション×メイクの
すべてのバランスが合っていることです。
ひとつでもズレると、チグハグな印象になってしまいます。

たとえば、ギャルメイクで清楚なワンピースを着ていたり、
ナチュラルメイクで派手なドレスだとおかしいですよね。

女性のメイクやファッションは
ジャンルも多種多様過ぎてよくわからないことが多いと思うので、
女性のお友達に聞いたり、ファッション誌を見たりして
事前にキチンと情報収集することが大事です。
twitterやfacebookなどのSNSで、同じ趣味の方と
情報交換をしている方も多いようです。

色々試して自分に合ったコスメを探したり、
メイクパターンを研究したり、
常に美意識を持つことを心がけることで、
女性に見える女装に近づきます。

ウィッグは一つだけじゃなく複数を使い分けて、
マンネリ化しないように楽しむことも大切ですよ♡

女の子がいつも使っているものを選ぶのが、
女装ウィッグの選び方の秘訣

女装に使うウィッグを選ぶコツとしてはまず、
女の子が普段使っているウィッグブランドの
ファッションウィッグを選ぶことです。

女の子が普段使っているものですから、
自然に見える品質のものが多いはずです。
ただ、自然さよりも安さで人気のところもあります。
8,000円前後以上の金額で売られているものの多くは
自然さを強みとしているものが多いので、
その中から選ぶことをオススメします。

コスプレ用のウィッグは
自然さよりもキャラクターへのなりきりを重視しているので
不自然な毛質のものも多々あります。
アニメやゲームのキャラクターの女装を楽しむのでなければ
避けるほうがいいでしょう。

ウィッグには、ハーフウィッグや前髪ウィッグなど様々な種類がありますが、
女装で使うのはすっぽりとかぶってしまう
フルウィッグ(プリシラではオールウィッグ)になります。
顔の輪郭が気になる方は、フルウィッグの中でも
顔のサイドを隠すようなデザインを試してみるのが良いかもしれませんね。

 

プリシラのウィッグが女装に使えるのは安いのに自然なところ!


今回の記事を作るにあたり、
なぜプリシラのウィッグを使ってくださっているのかインタビューさせていただきました。

ウィッグにプリシラを選ぶ理由は、自然なのにリーズナブルなところ

女装するときにプリシラのウィッグをつけている理由は3つあるそうです。
・周りが気付かないくらい毛質が自然なこと
・ナチュラルなのに価格がリーズナブルなこと
・心斎橋OPA店のスタッフが親切に対応してくれるので色んな意味で安心してできること

人目を気にする方でも安心なプリシラ心斎橋OPA店

今回の撮影をおこなったプリシラ心斎橋OPA店は
カーテンで仕切られた半個室があるので
人目が気になる方でも安心です♪

また関東では原宿、関西では河原町、芦屋、梅田にも店舗があり
いずれも個室・半個室があるため人目を気にせず安心で
女装のためにウィッグを購入される男性の方も多いので、
色々なご相談に乗ることも可能です。

ウィッグについてだけではなく、
メイクやファッションの疑問も直営店のスタッフに聞いていただければ、
分かる限り回答させていただきます!

★直営店ページをチェック★

女装をしたい方にも、安心して使っていただける
プリシラのウィッグを使って、ぜひ女装に挑戦してくださいね。

オールウィッグ【レイヤーストレート】A-675耐熱