Pocket

フルウィッグを付けてみたけど、なんだがしっくりこない・・・。と感じている方も多いですよね。
最初から全体がスタイリングされているフルウィッグは便利ですが、いざウィッグを付けて見ると違和感がある。
それは、まだウィッグがあなたになじんでいないだけ!
少し手を加えてアレンジするだけで、あなた仕様のフルウィッグになります。
今回はフルウィッグの基本のアレンジ方法で、知って得する3つのポイントをご紹介します。

~3つのポイント~

ポイント1.ヘアアイロン・コテやドライヤーを使ってアレンジ

耐熱ファイバーのウィッグ

まずは、ウィッグが耐熱か非耐熱であるかのチェックをしましょう。
耐熱ファイバーのウィッグであれば、ドライヤーやヘアアイロン・コテを使用することができます。
耐熱が160度程ならドライヤー、180度ならヘアアイロン・コテを使用できます。

コテを使ったウィッグの巻き方

コテで巻く場合は、少量ずつブロッキングしてから巻きます。
毛量が多いと全体に熱が伝わりにくく、カール感が弱くなってしまいます。
いきなり高温のコテで巻かずに、少し低めの温度設定で試してカールの付き具合をみてみましょう。

ポイント2.ウィッグのボリュームUPやナチュラル感を出すアレンジ

ウィッグに逆毛を立ててボリュームUP

アレンジしやすくするには、逆毛を立ててウィッグを少しボリュームUPさせるのがコツです。
ウィッグの根元にスタイリングスプレーを吹きつけて、コームで逆毛を立てていきます。
これをお好みのボリューム感になるまで何度か繰り返します。
スプレーをした後に、手でクシャクシャにして逆毛を立てていくことを繰り返すと
コームの場合よりもふんわり感が出ます。

ヘアワックスを使ってナチュラル感を出す

ナチュラル感を出すには、ヘアワックスを使用するといいでしょう。
少量のワックスを手のひらにとって、ウィッグにクシャっと揉み込みます。
空気を取り込むことによってふんわりした仕上がりになり、毛束感も出ます。
また、指先にワックスをなじませトップ部分の毛をつまみ出すことで浮きができ、より自然に仕上がります。
ワックスを付け過ぎるとベタベタするので要注意です。
人毛用のワックスを使用することもできますが、できればウィッグ専用のワックスを使用されることをオススメします。
ファイバーによくなじむプリシラのウィッグ専用ワックスはこちら!

ポイント3.ウィッグのデザインをアレンジする時のコツ

根元や分け目に注意

ウィッグを付けて、アップスタイルや結ったりする場合に気をつけるのはウィッグの根元部分が見えないようにすることです。
完全にアップにしてしまうと、首元や耳元のウィッグの生え際部分が見えてしまうこともあります。
初心者でまだアレンジに慣れていないという方は、後ろの毛を残してハーフアップにすることをお勧めします。
また、分け目を付けるヘアデザインにする場合はウィッグの根元部分のネットが見えていないかを確認しましょう。

ウィッグスタンドはとっても便利

アレンジをする時は、ウィッグを被ったままでアレンジするよりもウィッグスタンドにウィッグを被せてアレンジした方が断然やり易いのです。
やりにくい後ろの毛を巻く場合もウィッグスタンドを使用すると、全体のバランスをみながらセットができるので納得のいく仕上がりになるでしょう。

ウィッグスタンド

プリシラのウィッグスタンドはこちら!

まとめ

ご紹介したアレンジ方法であなた仕様のフルウィッグにしてみてはいかがでしょうか?
少し疑問なのが、ヘアワックスやスタイリングスプレーを使用したり、コテで巻いてもウィッグは元のデザインに戻るのかどうかですよね。
プリシラのウィッグは、形状記憶加工を施しているので洗ってもデザインが崩れにくく、また戻し易い“もちの良さ”も特徴です。
ウィッグ専用のワックスやスプレー、シャンプー&リンスなどお手入れアイテムもご用意しています。
是非一度、プリシラのサイトに遊びにきてくださいね。