Pocket

a-647-tmgx_img2

ウィッグを着けるときに一番気になるのは、ウィッグだとばれないかどうかです。ウィッグのヘアスタイルも重要ですが、何といっても自然に見えるのが一番ですよね。
毛がテカテカしていないか、ゴワゴワしていないかなど、できるだけ不自然なウィッグを避けて楽しいウィッグライフにしましょう。

今回は、自然なウィッグと不自然なウィッグとの違いをご紹介します。基本的なポイントなので難しく考えなくて大丈夫ですよ!違いがわかればウィッグ選びも楽になります。

自然なウィッグと不自然なウィッグの違いを見分けるポイント3つ

自然なウィッグと不自然なウィッグの違いは、いくつかのポイントに注目することで見分けることができます。
では違いが生じるポイントですが、そんなにたくさんあったら見分けるのが大変!でも大丈夫です。自然さに大きく差が出るのは3つだけなのです。

1.つむじ部分の植毛方法や毛量
2.毛の艶感と質
3.分け目部分の人工頭皮

基本的なポイントである上の3つを押さえておけば、明らかに不自然なウィッグを避け、自然な風合いのウィッグを選ぶことができます。

1.ウィッグのつむじ部分の植毛方法や毛量で自然さに差が出る

ah-104-tcb_item-tsumuji

ウィッグのつむじ部分の植毛方法をチェック!手植えと機械植えの違い

フルウィッグのつむじ部分は、自然な見た目を左右する重要な要素です。上から見られることも多い頭頂部なので、不自然だと一瞬でウィッグだと見抜かれてしまいます。

人間のつむじ部分は、ある程度、毛の根元が立ち上がり立体的でふわっとしています。このふわっと感をウィッグに出せるのが、手植えという植毛方法になります。ウィッグを作る際に、毛を1本1本丁寧に手で縫い付けるようにします。そうすると機械で一気に植毛するのと違い、ペタっとならずに立体的に植毛することができるのです。

つむじ部分の毛は、根元に立ち上がりがあり立体的に植毛されているのが理想です。手植えの場合は、機械植えよりもウィッグの価格は高くなりますが、検討してみるのも良いでしょう。

ウィッグのつむじ部分の毛量は多過ぎず詰まっていないのが自然

つむじ部分の毛量が多い毛詰まりが原因で、ウィッグが不自然に見えてしまいます。人間のつむじ部分は、毛が詰まっていて頭皮が見えないということは本来そうそうありません。そのため人が見た時に違和感を覚え不自然に見えてしまうのです。

毛詰まりを例えていうなら、人形のようなつむじ部分になります。植毛されている毛量が多いので、頭皮になる部分が全く見えないのです。またつむじを中心に規則的過ぎる放射線状の毛植えになっていたりします。これではウィッグだとバレバレなのです。

つむじ部分は、自然に見せるために毛量を調整して毛詰まりのない工夫がなされているウィッグがおすすめです。

2.ウィッグの毛の艶感と質によって自然さが左右される

a-670-tay_item-back

ウィッグの毛がテカテカし過ぎたものは不自然

このウィッグは天使の輪っかができているから綺麗な髪なんです。と単純に思ってはいけません!あまりにもテカテカしていると人形のようで不自然な毛質ということになるのです。ウィッグの毛がファイバー(化学繊維)でできている場合は、人毛には無いファイバー特有のテカリに注意しなければなりません。

テカリを抑える研究がウィッグメーカーによってなされたファイバーかどうか、ウィッグを選ぶ際にチェックするといいでしょう。自然な艶感のあるウィッグ作りへのこだわりのある方が安心できますね。

ウィッグの毛質は人毛に近い細さとサラサラ感が自然

ウィッグの毛が太くゴワゴワしていると不自然です。キシキシして指通りがスムーズでないものも、毛流れが悪くなり人形感が出ることになります。

人毛のようにサラサラとながれるような細さや指通りの良い毛質が自然なウィッグの理想です。

3.分け目部分に人工頭皮があって自然に見えるウィッグ

t-006-tbk_item-up3

フルウィッグの頭頂部にある分け目部分が、ネットではなく人工頭皮を採用しているものがあります。頭皮を再現した肌色のラバーに毛を植毛しています。
本物の頭皮のような肌の色味や質感に近づけた人工頭皮は、精巧に作られたものだと地肌から毛が生えているのかと見紛うような仕上がりです。

分け目部分から見える人工頭皮に本物らしさを追求しているウィッグは、見た目の印象がとても自然です。

フルウィッグを自然に見えるようにかぶる方法

フルウィッグはかぶり方にコツがあります。それをマスターすればウィッグをより自然に見せることができます。では、自然に見えるかぶり方の基本的なポイントを2つ確認しましょう。

1.ウィッグをかぶったときに頭頂部がでこぼこしたり浮かないようにする
2.サイズ調整をして自分の頭にフィットさせて着け心地良くする

まずこの2つのポイントに注意するようにしましょう。
ウィッグをかぶるときは、自毛をまとめるためにアンダーネットを着け、ウィッグをかぶる前の土台作りをします。この時にしっかりと自毛を押さえまとめていなければ、ウィッグをかぶった時にズレたり、頭の形がおかしくなってしまいます。

フルウィッグの襟足部分には、サイズ調整ができるアジャスターの付いているものがあります。ウィッグをかぶったあとにアジャスターを締めて自分の頭にフィットさせるようにしましょう。こうすることでウィッグをしっくりくる位置に固定してズレることを防ぎます。

ウィッグを自然で簡単に着けたいなら部分ウィッグがおすすめ

部分ウィッグは、フルウィッグのようにつむじ部分や分け目を気にしなくても良いので、あまり神経質にならずにウィッグ選びをすることができるでしょう。

自然に見せるために一番大事なことは、ウィッグと自毛の毛色を合わせることです。毛質に関しては、フルウィッグも部分ウィッグも選ぶ基準は同じです。
自毛の色に合わせてウィッグの毛色をオーダーしない限り、既成の色になるので、多少の明るさや色味の違いがあっても自毛とうまくなじむ色であれば問題ないでしょう。完全に同じ色を求めなくても大丈夫です。

部分ウィッグなら、蒸れない・重くない・簡単装着・安いとウィッグ初心者さんには嬉しいメリットがあります。では簡単装着でおしゃれな部分ウィッグをご紹介します。

自毛との境目が気にならないつむじあり前髪ウィッグ

前髪を代用する部分ウィッグです。前髪の部分だけのウィッグだと、自毛との境目ができてしまうことが気になります。
その問題を解決するのが、つむじ部分が付いた前髪ウィッグです。両サイドや後頭部にかぶせる毛があるので、境目ができることを気にしなくても良い優れ物です。

tyfx-11-1こちらのウィッグが気になったらプリシラのサイトをチェック!

簡単に長さを足せる襟足ウィッグ

毛の長さを足したい時に活躍するのが襟足ウィッグです。レーン状の部分にすだれのように毛を植毛したウィッグです。レーンの部分にクリップが付いています。自分の後頭部の髪を上下にブロッキングした箇所に、レーンを当てクリップで固定して着けるタイプです。

自毛の毛先はあまりパツンと切り揃えていない方が馴染みやすくなります。パツンとした毛先がウィッグの毛になじみにくく、段差ができてしまいます。自毛がショートカットのように短過ぎると、ウィッグの毛とのつながる部分がなじまず不自然にくびれた段差ができ境目が目立ってしまいます。自毛はある程度の長さがある方がなじみます。

vx-24-1こちらのウィッグが気になったらプリシラのサイトをチェック!

土台の団子にはめて着けるだけの簡単装着!シュシュウィッグ

簡単装着の代表的ウィッグです。ヘアアクセサリーのシュシュのように丸いレーンに毛が植毛されています。
自毛をまとめた土台にウィッグをはめるだけで着けることができます。余った部分などはヘアピンで留めて固定したりします。

vs-39-1こちらのウィッグが気になったたプリシラのサイトをチェック!

まとめ

いかがでしたか?自然なウィッグと不自然なウィッグの違いを知ると、ウィッグ選びがグンと楽になりますね。どれが良いのか迷うポイントが絞られるので、自分がどのポイントの自然さを優先させるのかもわかります。

自然なウィッグなら、是非一度プリシラのウィッグをチェックしてみてくださいね!