Pocket

”薄くなってきた頭頂部に悩んでいます”

ウィッグを販売していると、
こういったお悩みを抱えた方のお声を頂戴することがあります。

加齢によるもの、誤ったヘアケア等による若年層の薄毛、
産後に抜け毛が増えて薄くなってしまう等、
特に女性にとっては精神的ダメージが大きくストレスの原因です。

皮膚科へ通院したり、
育毛剤等を使用しても効果を得られず、
費用ばかりがかさんでしまうことも多いようです。

そんな時にプリシラウィッグを選んでいただく機会があり、
ウィッグを着けた結果、
とても良かったと喜んでくださったお客様が大勢いらっしゃいます。

「ウィッグを着けることで外見への自信が戻り外出しようという気になった」
「友人に気付かれることはなくウィッグであることを話すと自然だと驚いていた」等々・・
ウィッグを着けることは、
日常のストレスを減らし、薄毛のお悩み解決策としての一歩になります。

今回は、薄毛による日常のストレスを
軽減してくれるウィッグをご紹介します。

薄毛のストレスから解放してくれる
ウィッグの活用術

ウィッグを使って、気になる部分をカバーしましょう。
ウィッグは使用用途に応じたデザインを使い分けます。

大きく分けると3つのタイプに分かれます。

1つは、頭頂部をピンポイントでカバーしてくれる
部分的に着けるカバーピース。
白髪かくしウィッグ

続いて、頭部全体を包み込んでかぶるフルウィッグ。

最後は頭頂部をカバーするだけでなく
前髪のデザインもあわせて楽しめる
人気のつむじあり前髪ウィッグも活用できます!

それぞれのウィッグをどのように活用するかを確認しましょ♡

かつらタイプのウィッグ~フルウィッグ~

頭部全体をすっぽり覆って被るタイプです。
こちらは、全体のスタイルが完成されているので
スタイリングの必要はありません。

更に、数種のスタイルのウィッグを持っていれば、
気分やコーデに合わせて髪型を変更し
イメチェンを楽しむことができます。

頭全体を覆うわけですから
最初は締め付け感を感じると思いますので
慣れたら使える程度の着け心地かどうかの見極めは必要!

全体的にカバーするので、
自毛との色や毛流れ、質感等の馴染み具合が気にならないため、
本当に自分好みのスタイルを選べるのが嬉しいトコロ。

プリシラでは、フルウィッグは
「オールウィッグ」として展開しています。

ミセスオールウィッグミセスBEAUTE総手植えオールウィッグ(人毛ミックス)【エレガントショート】BA-006耐熱

フルウィッグの中にもタイプがあります。
・すべて機械植え
・つむじのみ手植え
・総手植え(人毛ミックス)

予算やお好みによって、探してみてくださいね。

部分的に着けるタイプのウィッグ~カバーピース~

頭頂部や分け目等、
気になる部分のみを部分的にカバーするタイプです。
ヘアピース・トップピースとも呼ばれています。

ウィッグを知らない方は、
こんなに便利なものがあるのかとまず驚かれます。

部分的に着けるので、
着け心地も違和感が少なく、
クリップで留めて固定するだけなので着脱も簡単!

自毛の質感や色に合わせて
ウィッグを選ぶことは必須ですが、
比較的挑戦しやすいので、
ウィッグを着けるということに抵抗のある方や
初心者の方に使いやすいタイプです。

ミセスカバーピースミセスBEAUTE総手植えカバーピース(人毛ミックス)【BC-007】耐熱

おしゃれウィッグのつむじあり前髪ウィッグ

頭頂部をカバーするだけでなく
前髪のおしゃれも楽しみたい方、
またはデザイン的に若年層の方にとても人気のタイプです。

つむじが付いていてサイドから後ろの毛までがあるので、
頭頂部の気になる部分を隠し、
更に全体を境目なく馴染ませることができます。

スタンダードから流行を追ったスタイルまで幅広く、
おしゃれを楽しめるので大人気です。
サイドの毛を長めにしたスタイルは、前髪ウィッグならではです。

また、つむじ部分が手植えになっているので
上から見られても自然なのです。

TFX-103-TMBつむじあり前髪ウィッグ【サイドカールバング】TFX-103耐熱

まとめ

ご自分の好みやお悩みごとにウィッグを使い分けて、
薄毛のストレス軽減に活用してみましょう。

夏は蒸れが気になるからカバーピースにして
冬はフルウィッグにしたり、
季節によって使い分けることもウィッグを賢く活用する方法です。

薄毛は日常生活のストレスや
ホルモンバランスの乱れが原因の1つとされています。

まずは、ウィッグを使って薄毛をカバーし
ストレスを軽減してみましょう。

プリシラでは、フルウィッグやカバーピースを種類豊富にご用意しています。
是非一度、ウィッグの活用を検討してみてくださいね♡