Pocket

ウィッグって、どのように保管すればいいの?どう扱えばいいの?アレンジ方法は?などなど、始めてウィッグに挑戦する方には様々な疑問と不安があることでしょう。そんなウィッグビギナーに揃えておくと便利なウィッググッズをご紹介します。

ウィッグのお手入れに必須なケア用品

ウィッグを長持ちさせるためには、日頃のお手入れがとても大切になります。正しいケア方法を知っておきましょう。

ウィッグのお手入れで重要なことをあげるとするならば、まずは基本のブラッシングとシャンプーです。
ウィッグは日頃からのマメなお手入れが長持ちさせるための秘訣になります。使用後にお手入れを行わないと、髪が絡まりやすくなります。使用前と使用後にはブラッシングを欠かさないようにしましょう。

さらに、傷みや汚れが目立つ前にシャンプーをすることです。傷んで使えないかなあと思っていたウィッグがシャンプーをすると復活する場合もあります。傷んで買い替えようと思う前にシャンプーすることも大事です。この必須ケアであるブラッシングとシャンプーに便利なグッズをご紹介します。

ウィッグに付いたホコリを落として毛流れを整えるウィッグ専用ブラシ

ウィッグ専用ブラシは、通常の髪に使うブラシよりもブラシ部分が金属製で硬めになっています。ファイバーでもしっかりとほぐせるように硬くなっているのです。ブラシはストレートのウィッグに使用するのにおすすめです。力を入れ過ぎて毛が抜けないように注意しながらブラッシングしていきましょう。

カールのあるウィッグにブラッシングする時は、ブラッシングしすぎると、カールがとれてしまう可能性があるため、全体の絡みをほぐすような感覚で、ふわっとブラッシングをしましょう。

ブラシは毛に付着したホコリや汚れを落としたり、まとめたりする場合に使用するといいでしょう。また、ウィッグ専用のブラシは、主に金属製のものが多く静電気を逃してくれるようになっています。

ウィッグ専用ブラシが気になったらプリシラのサイトをチェック!

絡まりをほぐしたり毛束を分けるのに便利なウィッグ専用コーム

コームタイプのものは、ポイントウィッグなどに使用しましょう。絡まりがひどい時や、カールの毛をほぐす時は、コームの柄の部分を使って大まかに絡まりをほぐしていきましょう。そうすることでカールがとれにくくなります。

コームは毛を分けたり整えたりする際に使用されます。ウィッグ専用コームは通常のコームよりも目が粗く作られており、こちらも、ウィッグ専用のものは金属製で作られているものが多く、静電気も起こりにくくなっています。静電気はウィッグのファイバーにとって傷みの原因となるので大敵です。

ウィッグ専用コームブラシBR-C 【ケアアイテム】

ウィッグ専用コームが気になったらプリシラのサイトをチェック!

ウィッグ専用シャンプーを使ってこまめにウィッグを洗う

ブラッシングでホコリを落として毛流れを整えた後は、ウィッグ専用のシャンプーを使用して洗いましょう。

容器に水を入れ、そこにウィッグ専用シャンプーを加えます。ウィッグがファイバーで作られているものは、熱にもあまり強くないため、お湯よりも水を使うようにしましょう。お湯で洗うとカールがとれてしまうこともあります。

使用するシャンプーは市販のシャンプーを用いても問題はないのですが、ファイバーと人毛は質が違います。ファイバーを洗うことを考慮して作られた、ウィッグ専用シャンプーをなるべく使用するようにしましょう。人毛用のシャンプーを使用すると、ウィッグの毛にベトつきが残る可能性があります。

洗うときは優しく押し洗いをしてください。そして、水ですすぎましょう。洗い終わったらタオルドライしてから、ウィッグを寝かせて置いて自然乾燥させます。

ウィッグ専用シャンプー&リンスが気になったらプリシラのサイトをチェック!

ウィッグの型崩れを防ぐウィッグスタンドを活用する

洗い終わり、完全に乾燥できたら、軽くブラッシングをして形を整えます。形を整えることができたら、ポーチに入れて保管するよりも、ウィッグスタンドを使用して保管しましょう。

ウィッグスタンドを使うと、ウィッグの型崩れや絡みを防ぐことができます。組み立て式のスタンドなどは場所もとらずに軽量ですので、旅行に行った先などでも使用することができます。

保管だけでなく、ウィッグをアレンジする際なども土台として使えるため、とても便利なアイテムです。

ウィッグを購入した際のケースに入れて保管する場合は、ウィッグのキャップの中に新聞紙を丸めるなどしてクッション材を入れて型崩れを防ぐようにしましょう。

ウィッグスタンドが気になったらプリシラのサイトをチェック!

ウィッグ専用オイルスプレーで艶戻しと乾燥防止

ウィッグが乾いた後にブラッシングをする際、ウィッグ専用のオイルスプレーを使うとさらに毛のツヤが出て綺麗に仕上がります。また、オイルスプレーを使用することにより、静電気の発生を防ぐこともでき、摩擦からウィッグを守ってくれます。ウィッグに潤いを与えるため指通りもスムーズになるので、乾燥してきたと感じたら使用するのがおすすめです。

ウィッグを長持ちさせる効果もありますので、ウィッグを洗った際にはウィッグ専用オイルスプレーを使用するようにしましょう。ウィッグ専用ということはファイバー専用のオイルスプレーですので人毛のものには使わないようにしましょう。

ウィッグ専用オイルスプレーが気になったらプリシラのサイトをチェック!

ウィッグ専用デオドラントスプレーで臭いのエチケット

ウィッグを洗っても、汗やタバコなどの嫌な臭いが消えない場合には、ウィッグ専用のデオドラントスプレーを使いましょう。普段でもウィッグについた臭いが気になる時は使用してください。微香性のものもあるので、購入時に確認すると良いですね。

ウィッグ専用デオドラントスプレーが気になったらプリシラのサイトをチェック!

ウィッグをかぶるときの必須アイテム

フルウィッグをかぶるときの下地作りに大切なウィッグネットの着け方

ウィッグのケア方法を知ることができたら、次はウィッグの着用段階でのアイテムです。

フルウィッグをかぶる場合、まずは自毛をブラシなどで軽く整えます。そして自分の頭の自毛をまとめる役割を果たすウィッグネットを、頭からすっぽりとかぶり首まで下ろしていきます。

ウィッグネットのゴム部分を生え際に固定し、ウィッグネットを頭の上に持ち上げていきます。その際に自毛をウィッグネットの中に入れ込んでいきます。自毛に長さとボリュームがありウィッグネットの中に収まりきらない場合は、自毛をブロッキングしてねじり上げるなどして固定するとまとまりが良くなります。

ウィッグネットに自毛を入れ込んでまとめることが完成したら、自毛とウィッグネットをヘアピンでしっかりと留めます。こうすることで、ウィッグをかぶる際にズレたりすることを防ぎ、かぶった際も安定します。

ショートヘアなどで、ウィッグネットが余った場合には、ウィッグネットを谷折りに2度折りたたみ、余った部分をヘアピンでしっかりと固定しましょう。

自毛をウィッグネットにまとめたら、これで下準備が完了です。次にウィッグをブラッシングしてウィッグを整えましょう。次にウィッグをおでこの生え際部分に合わせて押さえ、ウィッグの襟足部分を持ち前から後ろに向かって引っ張りウィッグのキャップに頭を入れ込みます。

かぶったら生え際や襟足部分の位置を合わせましょう。ウィッグの襟足部分にあるアジャスターを自分のサイズに合わせてできるだけ頭にフィットさせるようにしましょう。最後にブラシや手ぐしでウィッグをなじませれば完成です。

オールウィッグの着け方

筒状のウィッグネットで自毛をまとめてウィッグをかぶる前の下地作り

上でお話ししているウィッグネットは、頭頂部が閉じていない筒状のウィッグネットです。柔らかく伸縮性があり自毛をしっかりとまとめる専用のネットです。ウィッグをかぶる前のアンダーネットとなります。

ロングヘアの場合は左右で三つ編みを作り三つ編みを頭に巻き付けて、ヘアピンで固定してからウィッグネットを着けることもおすすめです。

ウィッグをかぶった際にデコボコした感じにならないよう、自毛はできるだけコンパクトに均一になるようにまとめましょう。

ウィッグネットは各メーカーによって色展開がある場合があります。通常は黒色が主流ですが、ベージュなどもあります。ベージュの場合は肌の色と近いため、ずれることがあっても分かりにくくなります。
ウィッグネットは、フルウィッグを購入すると付属品として付いてくる場合が多いので、購入時に確認するといいでしょう。

ウィッグネットが気になったらプリシラのサイトをチェック!

医療用目的でウィッグをかぶるときに着け心地を考慮したクリニカルウィッグキャップ

医療用ウィッグを使用される方を対象に作られているウィッグキャップです。ウィッグをかぶる前につけるアンダーネットとなります。サイズが選べる場合は自毛の毛量に合わせて考えるといいでしょう。

筒状になっているウィッグネットと異なり、頭頂部が閉じているタイプのものが主になり、ヘアピンで留める必要がないため、水泳キャップのようにかぶるだけで良いので簡単です。

抗がん剤を用いた治療や脱毛症などで、医療用目的でウィッグを着用する際には、脱毛している場合は頭皮に直接ウィッグキャップが当たってしまいます。

ウィッグネットを先に着けることでウィッグキャップが直接地肌に当たるのを防ぎ、刺激に敏感になっている頭皮への負担を軽減したりします。汗や肌当たりを考慮して綿を使用して作られているものもあります。

髪の毛が抜けていく過程や、髪の毛が生えてくる過程で自毛の毛量が変化していきますので、ウィッグキャップにアジャスターがつき、サイズ調整が可能になっているものを選ぶようにしましょう。

医療用目的の使用におすすめです

クリニカルウィッグキャップが気になったらプリシラのサイトをチェック!

簡単装着が魅力のポイントウィッグの着け方

前髪ウィッグやバンスウィッグ、エクステンション、テールウィッグなどは、自毛で土台となる場所を作ったら、そこに付属のコームや、付属しているワンタッチピンなどを差込み、パチンと止めて固定します。あとは自毛とウィッグをなじませて整えるだけです。

手軽でおしゃれができるウィッグですね。しっかりと固定をしていないと、ずれる、外れるなどといったトラブルが起こってしまいますので、ここでは付属のワンタッチピンが活躍してくれます。

縫いつけ可能なカバーピース専用に作られたワンタッチピン

分け目部分やボリュームアップしたい部分のポイントウィッグ用のワンタッチピンです。
固定を強化したい場合や、付属のワンタッチピンが壊れた時などに、縫いつけて使えるタイプで、とても便利なアイテムです。ワンタッチピンの色展開は、黒・茶など各ウィッグメーカーによって異なります。

カバーピース用ワンタッチピンが気になったらプリシラのサイトをチェック!

エクステンション専用のワンタッチピンで補強して固定の強化

エクステンションをつける際に、エクステンションを固定するためのワンタッチピンです。パチンと止めるだけの簡単なものとなっています。付属のワンタッチピンが壊れた時や、固定を強化したい時にお使いください。

エクステンションは長いレーン状になっているので、固定具合が気になるときは、個人のお好みでワンタッチピンを縫いつけて固定できる数を増やせるので便利です。

ワンタッチピン

エクステンション用のワンタッチピンが気になったらプリシラのサイトをチェック!

ウィッグのアレンジに活躍するスタイリングアイテム

ウィッグは購入したままのデザインでも十分におしゃれですが、自分なりにアレンジするとさらにオシャレ度がアップします。いつもと違った自分を演出するためにもスタイリングにチャレンジしてみてください。
各ウィッグメーカーにより、様々なウィッグ専用のスタイリング剤が用意されています。

ウィッグはヘアワックスやスタイリング剤を使用することで、簡単にスタイリングやセットをすることができます。しかし、ハードスプレーやムースなど、カチカチにセットされるものはできるだけ使わないようにしてください。ウィッグの傷みが早まってしまいます。

アレンジに欠かせないウィッグ専用のスタイリング剤の使い方

ウィッグ専用のスタイリング剤をつけ、手ぐしやコーム、ブラシを使いウィッグをお好みのスタイルにセットします。

ボリュームを出したい時には、ウィッグの毛の根元にスタイリング剤をつけると良いでしょう。しかし、たくさんスタイリング剤をつけてしまうと、ベタつきと重みで、逆にボリュームダウンしてしまうので気をつけましょう。

また、ワックスですとスタイルが崩れても、ハードに固まっていないものは直しやすくなります。

ハードタイプのスタイリング剤や、ワックスを使用する時に注意しなければいけないのが「フレーキング現象」です。フレーキング現象とは、ハードタイプのスタイリング剤を使った際に、白い塊がこびりついてしまう現象です。スタイリング剤やワックス等には糊成分や樹脂成分が含まれています。このような成分がウィッグに残ってしまうと、ウィッグの痛みの原因になるので、ワックスを使った際にはその日のうちにシャンプーすることを心がけてください。

そのまま放置したり、シャンプーがしっかりとされておらず、スタイリング剤の洗い残しがあると、絡みや抜け毛の原因となってしまいます。後から洗い流そうとしても、しつこくこびりつき、ますます痛みが激しくなってしまう可能性があります。

もし、フレーキング状態になってしまった場合は、ウィッグをしばらくぬるま湯に浸し、こびりついている樹脂成分をふやかしてから、シャンプーをするようにしましょう。何度か繰り返すと樹脂成分が取れていきます。ウィッグを傷めてしまい、ウィッグの寿命を縮めてしまいますので、お手入れはしっかりとするようにしましょう。

程良いキープ力のあるウィッグ専用ヘアスタイリングミスト

人工毛ファイバー用、つまりウィッグ専用のヘアスタイリングミストも作られていますので、人工毛ファイバーに優しいスタイリングミストとなっています。ハードスプレーのように固まらず程良いキープ力なので、ウィッグの毛も動きがあり美しい仕上がりになります。

ウィッグ専用スタイリングミストが気になったらプリシラのサイトをチェック!

ウィッグ専用スタイリングワックス

人工毛ファイバー用のウィッグ専用ヘアスタイリングワックスもあります。人工毛ファイバーのウィッグのために作られていますので、ウィッグによくなじみ、自由なスタイリングを楽しめますし、スタイリングをしっかりとキープしてくれます。使用後はシャンプーなどでしっかりと洗うようにしてください。

ウィッグ専用スタイリングワックス

ウィッグ専用ワックスが気になったらプリシラのサイトをチェック!

まとめ

今回ご紹介したようにウィッグを保管、使用、アレンジをするウィッグ専用アイテムがあります。ウィッグネットとブラシ、オイルスプレーやウィッグスタンドは、ウィッグを長持ちさせるためには必須アイテムだと思っていただければいいでしょう。ウィッグを長く楽しむために、ウィッグの便利アイテムはうまく活用してくださいね。