Pocket

ウィッグにはシャンプーがOK

ウィッグが汚れてきたら、洗いたくなりますよね。
でもどうやって洗えばいいのかわからない…。
そんな人のために、ウィッグ用のシャンプーの紹介とそれを使ったウィッグの洗い方をお教えしようと思います。

汚れが気になった時や長時間使わない時にはシャンプー

長時間使って匂いやよごれが気になってきた時、ウィッグがスプレーやワックスなどでベタベタになった時、しばらく使わないことがわかっている時などにはシャンプーをすることをおすすめします。

匂いだけが気になる…なんてときは洗わなくてもOK。ウィッグ専用のデオドラントスプレーをふるだけでもOKです。洗うことによるダメージを受けないので長持ちします。

きちんとしたケアをすることで、ウィッグがグッと長持ちしやすくなります。

普通のシャンプーよりウィッグ専用のシャンプーの方がオススメ

質問でよくあるのがウィッグにシャンプーをするときに、普段使っているシャンプーでも問題がないのかということ。ウィッグについた汚れや匂いを落とすだけなら、普段のシャンプーでも問題はありません。色がオチたり傷んでしまって、使い物にならなくなる…なんてことはありません。

ウィッグについたよごれをしっかり落とすことを考えると、ウィッグ専用のシャンプーを考えたほうがいいです。通常のシャンプーは人毛にあわせた成分で配合されていますが、ウィッグ専用のシャンプーはウィッグのファイバーを洗うためだけに作られたものだからです。

ウィッグ用のシャンプーを使った基本の洗い方を動画で確認しよう!

1.まずウィッグを洗う前にブラッシングをします。毛の絡みや逆毛を戻し、表面のほこりを落とします。
2.洗面器に水をはり、ウィッグ専用シャンプーを数滴たらします。
3.ウィッグを入れ、やさしくゆっくり押し洗いし、水ですすぎ軽く水気を切ります。
4.ウィッグをタオルで包みこむように水分を取り、室内に寝かせた状態で自然乾燥させます。
5.完全に感想したら、軽くブラッシングして形を整えれば完了です。

ウィッグをサラサラ仕上げに!柔軟剤を使った洗い方

ちょっとひと手間かけて、ウィッグをサラサラに仕上げる洗い方です。
洗濯に使う柔軟剤を使って洗います。サラサラ仕上げには、成分表にシリコーンや繊維潤滑剤と書いてあるシリコン入りの柔軟剤がおすすめです。
サラサラになるので、絡み防止にピッタリのお手入れ方法です。

まず、通常通りウィッグをシャンプーなどで洗ってすすぎます。
水をはった洗面器に柔軟剤を入れます。柔軟剤の量は衣類1着分ぐらいで大丈夫です。
そこにウィッグを入れ、1時間程つけ置き洗いします。1晩つけ置くと尚良いです。
あとはウィッグを水で軽くすすぎ洗いして、通常通りに自然乾燥させれば完了です。

ウィッグのカールはとれないように水で洗う!

ウィッグって洗うとカールがとれてしまうのかな?
大丈夫です。プリシラのウィッグは形状記憶のカールなので、洗い方のポイントを押さえればカールはとれません。

ポイントは水で洗うこと。ぬるま湯でも大丈夫ですが、できれば水をお勧めします。
お湯は、カールがだれてしまうので使わないようにしてくださいね。
せっかくのカールが絡んだりしないように、押し洗いにしてください。毛をほぐすように洗わなければ大丈夫です。

万が一カールが弱くなったと思っても、耐熱ファイバーならコテやアイロンで巻いてカールは復活させることができるので安心です。

耐熱ファイバーならドライヤーでスピード乾燥

ウィッグを洗ったあとの乾かし方についてです。

ウィッグが耐熱ファイバー製ならドライヤーをかけることで、急速に乾かすことができて便利です。
耐熱といっても限度がありますので、一箇所に長く当てすぎないようにしてください。縮れの原因になったりします。

プリシラのシャンプーはシャンプー&リンスなので、そのままでも問題はありませんが、シャンプーの後にオイルスプレーを使うとより美しく、艶が戻りますよ。

乾かした後は、丁寧にポーチに直すか、フルウィッグならウィッグスタンドで保管をしましょう。

まとめ

ウィッグをシャンプーで洗う方法をご紹介しました。
シャンプーに限らず、きちんとケアをすることで、ウィッグを長持ちをさせることができます。
洗う以外のウィッグのケアの方法はプリシラのサイトでもくわしく紹介していますので
不明なところがあれば、ぜひ確認ください。