Pocket

可愛くてオシャレなウィッグが欲しいけれど、自然に見えることが一番のキーポイントですよね。
でも、ばれないウィッグってどうやって見分ければいいの?ばれないウィッグとなるとオシャレなデザインではなくなるの?
ウィッグ初心者の方は、まずこの疑問が浮かびます。
そこで今回は、バレないウィッグ選びのコツ3つと、プリシラがおすすめする自然で可愛いバレないウィッグをご紹介します。
素敵なウィッグ選びのお手伝いをします♡

バレないウィッグを選ぶ3つのコツ

化学繊維(ファイバー)の毛質が自然なツヤであること

まず肝心なのがウィッグの毛質です。
毛質を見る上でのポイントは2つ!!
ひとつは、ウィッグ特有のテカリを抑えて自然なツヤ感であるかどうか。
次に、毛の細さや質感が人の毛に近いかどうか。

ウィッグは主にファイバーと呼ばれる化学繊維でできています。
このファイバーがどれだけ人毛に近いかがウィッグ自体の質を左右します。

テカリがあり過ぎると人形の毛のようになってしまいます。
太くて固いファイバーだと、自然で柔らかな髪の質感が失われます。

ウィッグを生産するメーカーは、毛質を良くするためにファイバーの質を向上させることに注力しています。
プリシラでは、独自に開発した配合技術により、表面に凹凸加工を施したことでツヤを軽減した、まるで人毛のよう細さの新ファイバーを採用しています。(一部商品を除く)

プリシラの新ファイバーをチェック!

つむじ部分の毛植えと分け目の形状

いくらファイバーの質が良くても、つむじ部分の作りが甘いと「バレないウィッグ」ではありません。
つむじ部分を見る上でのポイントはふたつ。
ひとつは人工スキン部分の毛植えの自然さ。
次につむじや分け目の形状。

フルウィッグだと、大抵の場合はつむじがあります。
つむじや分け目の頭皮にあたる部分にラバーを取り付けて、人工スキン(人工肌)を作っています。

プリシラではこの人工スキン部分の毛植えが、まるで地肌から生えているかのように自然で、つむじが詰まり過ぎないように、毛量を減らしています。
また、ウィッグのデザインに適したつむじの形状(O字、I字)を採用しているので、違和感を感じさせません。
360度どこからみても自然なウィッグが良いですよね。
つむじが自然だと、帽子をかぶって隠す必要なんてありません。

プリシラウィッグのこだわり

アジャスタでのサイズ調整ができる

フルウィッグの場合、サイズ感も重要なポイントです。
頭部全体をすっぽり覆ってかぶるので、着け心地が快適であることは必須ですよね。
プリシラのフルウィッグにはアジャスタが付いているので、ウィッグが大きすぎてブカブカなんてことにならないようにサイズ調整が可能です。
また、伸縮性に優れたキャップを採用しているので、締め付け感を感じさせず長時間の着用も楽な仕様です。

プリシラの伸縮キャップをチェック!

ウィッグのばれない着け方のコツ

ウィッグの着け方次第で、下手をするとウィッグだとバレてしまいます。
注意するのはウィッグをかぶったときの位置がやズレていないか、きちんと自毛が収まっているかどうか等です。

ウィッグがズレていると、正面から見たときのつむじやもみあげの位置が合わずコントのようになったり、不自然な位置に凹凸ができて、頭の形が変に見えてしまいます。
また、後頭部にも注意!!!

ウィッグをかぶったら、合わせ鏡で後ろからの見た目もチェックするようにしてください。
ウィッグの前に着けるウィッグネットの中に、自毛をうまく収められていないと後頭部が盛り上がってしまいます。
そうならないためには、ウィッグをかぶる前の下地作りが肝心です。
下地はウィッグネットを使って整えます。
では、ウィッグネットの着け方を確認しましょう!

ウィッグをかぶる前に忘れてはならないのが、ウィッグの下に着けて自毛をまとめるアンダーネットです。
このネットを先に着けておくことで、ウィッグのすべり防止にもなります。
ネットの中の自毛は、できるだけ平らにまとめるようにします。
ウィッグをかぶる下地をしっかり固めて安定させるのがポイントです。

下地作りができたら、いよいよウィッグをかぶります。
ウィッグを頭にフィットさせるためのかぶり方のコツを3つご紹介します!

1.ウィッグは前からかぶること
自分の額の生え際部分とウィッグの前髪の生え際部分の位置を合わせて押さえ、もう片方の手でウィッグを後ろの襟足部分まで引っ張り被るようにします。この時、しっかり前の部分を押さえて支点がズレないようにしてください。

2.自分とウィッグのこめかみ部分の位置を合わせること
ウィッグの両サイドのこめかみ部分をもって、深く被るようにウィッグを少しずつ上下左右に動かして引っ張り安定させること。

3.アジャスタでサイズを調節する
最後はウィッグの襟足部分にあるアジャスタを締めて、自分のサイズに合わせます。
襟足部分がゆるいとズレ上がったりして、ウィッグが動いてしまう原因にもなります。しっかり安定させましょう。

動画で基本的なウィッグのかぶり方をチェック!

自然で可愛いばれないウィッグ

ふんわりフェミニンカールのミディアムロング

毛質のやわらかさが如実に表れてとっても可愛いフルウィッグです。
ふわっと広がるナチュラルなカールがウィッグだと感じさせない軽やかで自然なデザインです。
重みを残したデザインなのでカジュアル過ぎないリッチな雰囲気に。

オールウィッグ【フローラルミディ】A-669耐熱

オールウィッグ【フローラルミディ】A-669耐熱

まるいフォルムが可愛いマッシュショート

手グシを入れて空気を含ませると、キマリ過ぎない脱力感が可愛いマッシュヘアです。
ラウンドカットの前髪がモードなおしゃれ。
自毛ではこのボリューム感と丸いフォルムを保つのは至難の業です。
かぶるだけでセット不要の時短ができるのはウィッグならでは!

オールウィッグ【エアリーマッシュ】A-684耐熱

オールウィッグ【エアリーマッシュ】A-684耐熱

可愛いを引き出すナチュラルストレート

モテロングの鉄板です!
でもウィッグのストレートヘアってテカリが目立ちそう…と思ってしまいますよね。
プリシラのストレートロングなら大丈夫です。
髪色にもこだわりがあり人毛ならではの陰影を表現しています。
その為、平坦なカラーではなく自然な風合いに仕上がっています。

オールウィッグ【ナチュラルストレート】A-688耐熱

オールウィッグ【ナチュラルストレート】A-688耐熱

まとめ

いかがでしたでしょうか?
バレないウィッグ選びは、ご紹介した3つのコツさえ押さえていればまず大丈夫です。
ファイバー・つむじ・サイズ感、この3つをクリアすれば、きっとあなたの理想のウィッグが見つかります♡

プリシラでは、他にもたくさんのオールウィッグ(フルウィッグ)や部分ウィッグをご用意しています。
是非一度プリシラのサイトに遊びに来てくださいね。

プリシラのフルウィッグをチェック