Pocket

ウィッグって普段使いできるものなの?
ウィッグ初心者の方にはこんな疑問を持っている方が多いようです。

ウィッグは普段使いできます!
断言できます。

ただし、すべてのウィッグが普段使いできるわけではありません。
普段使いができないような品質の悪いウィッグも世の中には多くあります。

そこで普段使いできるウィッグを選ぶ時のコツを5つ紹介します。
選ぶコツを通じて、ウィッグの基本を勉強していただき、ウィッグの普段使いを楽しみましょう!

 

普段使いできるウィッグを選ぶ時の5つのコツ

普段使いできるウィッグを選ぶコツは、まず、ウィッグが一体どんなモノかをおさえてておくとが重要です。
ウィッグが何でできていて、どんな特徴があるのかを少しでも知っていれば、普段使いのできる質の良いウィッグを見極めることができます。

ウィッグのファイバー(ヘア部分)が重要

ファイバーとは、ウィッグのヘア部分をつくっている化学繊維のことを表します。
いわゆる髪となる部分ですね。
このファイバー部分の品質が高いものを使うと、ウィッグを着けていることがバレにくくなります。
具体的にはウィッグ独特のテカリを軽減できるファイバーを使用しているウィッグをオススメします。
値段によってファイバーの質は左右されることが多いので、ファイバーの質と予算によって妥協点をみつけましょう。

耐熱ファイバー

フルウィッグはつむじ部分をチェック

フルウィッグには、頭頂部につむじがあります。
ここには、分け目やつむじ部分などを頭皮のように見せるために人工のラバーが取り付けられています。
ウィッグを着けていることをバレにくくするには、この部分の毛植えが、まるで地肌から生えているような自然さのあることが決め手となります。

ウィッグを選ぶ際は、つむじ部分の自然さのチェックも忘れずに!
自然なつむじ

 

ウィッグが耐熱・非耐熱かも要注意

ウィッグのファイバーが耐熱か非耐熱かも是非チェックしましょう。
耐熱だとコテやドライヤー・ホットカーラーを使って自分のお好みでアレンジすることが可能です。
カールやウェーブのあるウィッグで、巻き具合の調整ができることは嬉しいですよね。
耐熱温度は製品によって違いますが、大体は160~180℃です。

 

ウィッグのサイズ調整

ウィッグは基本的にフリーサイズの製品が主流です。
フルウィッグは頭部全体を覆って被るため、着け心地も重要になります。

締め付け具合やサイズ感に納得のいくウィッグだと、長時間の着用も楽になりますよね。
ウィッグのキャップ部分にアジャスターが付いていて、サイズ調整が可能なウィッグがあります。
アジャスターの有無は是非チェックしましょう。

ウィッグのキャップ部分の伸縮性や通気性も快適にウィッグを着用するのに重要なポイントです。この部分にこだわりのある製品は普段使いしやすいウィッグとなるでしょう。

 

ウィッグのお手入れ方法

ウィッグはお手入れ次第で長持ちします。
なんとウィッグは洗うことも可能です。何度も着用して、絡みやホコリが付着していたり汚れが気になってきたらウィッグを洗いましょう。
洗ってもカールやウェーブはとれないの?
これは製品によりますが、カールやウェーブは形状記憶のものが今や主流となっています。
念の為、形状記憶であるかのチェックはしましょう。
絡みがひどくなってきたら、ウィッグ専用のオイルスプレーを使用することをオススメします。
絡みを軽減し、ツヤのある美しいウィッグに戻すのに欠かせません。ウィッグ専用のブラシやコームで梳かして整えましょう。

img_4669

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?ウィッグを普段使いするには、まずはウィッグを着けていることがバレにくいことが大前提ですよね。
質の良いウィッグを見分けるポイントは、今回ご紹介したウィッグの基本に凝縮されています。
あとは、ウィッグ自体のデザインにもこだわってみましょう。
ちょっとしたカール感の違いで髪型は全く違った印象になります。
プリシラでは、細部にまでこだわり、品質に自信のある製品をご用意しています。
ウィッグのデザインは流行を先取りしたものや、ニーズに応えるデザインを取り揃えています。
是非プリシラのサイトで納得のいくウィッグをみつけてくださいね!