Pocket

cta-015-ctmpk_img9

もう直ぐハロウィンがやってきます!もう衣装は決まりましたか?毎年どんな仮装をしようか悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

見た目の印象は様々なパーツによって変化します。その中でも髪型の印象に影響する割合はとても大きいと言えるでしょう。

クオリティーの高い仮装を行うには、衣装に力を入れるだけでなく、髪型にも力を入れましょう。それでは、仮装にお悩みの方に定番のものからカラーウィッグを用いたものまで、楽しい仮装をご紹介します!

ハロウィンってどんな風習なの?意味を知って仮装の幅を広げよう

仮装を決める前にハロウィンとは何かをご紹介します。ハロウィンが何かということがしっかり認識できれば、仮装の幅もきっと広がりますよ。

ハロウィンは古代ケルト人が起源と考えられているお祭りのことです。それがキリスト教に取り入れられ行事として残ってきたのです。10月31日から11月1日にかけて行われます。皆が騒ぐ10月31日はハロウィンイブにあたります。11月1日がキリスト教の万聖節にあたり、それを祝う前夜からをハロウィンと呼んでいます。

ハロウィンは実は日本でいうお盆なのです。お盆はご先祖様の魂がこの世に帰ってくる日とされていますが、ハロウィンもこれと同じです。
しかし日本とは違いハロウィンでは死者の魂だけでなく、魔物もこの世にやってくると考えます。

ではどうして仮装をするのでしょうか。先ほど述べたように、ハロウィンにはあの世から魔物がやってくると考えています。あの世からやってくるとハロウィンの期間はこの世にとてつもない数の魔物がいると考えているのです。この魔物が人間にとりつき、あの世に連れていこうとするのだそうです。

このような考え方は日本のお盆とは全く異なるものですね。日本ではご先祖様の魂を快くお出迎えします。ご先祖様は私たちを無理やり連れ帰ったりはしません。もちろん、人間は死ぬまでにあの世には行きたくないですから、お化けの格好をして、魔物の仲間だと、魔物に勘違いさせようという算段なのです。
その他、この世に来た魔物たちに、人間の怖い姿を見せて、追い払ってしまおうという考えもあるそうです。

ちなみにハロウィンといえば、かぼちゃのランタンですが、このランタンはJack-O’-Lantern(ジャックオウランタン)と言います。ジャックという老人の霊が、あの世に入れてもらえずに、あの世とこの世の間をウロウロしているのだとか。その間は暗いために、カブのランタンに火を灯しその火を頼りにさまようようになったそうです。この話がアメリカに渡った時にかぼちゃになったそうですよ。
このため、ジャックのもったランタンが死んだ人の魂のシンンボルとなったそうです。

あとは、アメリカのハロウィンといえば話題に出てくるのが「Trick or Treat?」ですよね。お化けに扮した子供たちが近所の家を回って、「Trick or Treat?」と言うのです。これはお化けにお菓子をくれないとイタズラするぞ!という意味なのです。もちろん、大人は家にイタズラをされたくありませんから、「Treat」(お菓子をあげるよ)と言いながらお菓子をあげるわけですね。

ざっくりとご紹介しましたが、これがハロウィンという風習です。根本は日本のお盆と似た風習ですが、考え方も過ごし方も全く違いますよね。そういった文化を感じるという意味でも、ただ、仮装をするだけでなく、意味を知っていると面白く過ごすことができるでしょう。

free-illustration-jack-o-lantern-01

人気のハロウィン仮装の1位はアノ仮装!?

ハロウィンの仮装人気ランキングがインターネットのあちこちで行われています。それを参考にして、ざっと見ると人気のある仮装は以下のようなランキングとなっています。

1位、ゾンビ
2位、魔女
3位、ナース
4位、ディズニーや童話のキャラクター
5位以下は、アニマル・怪獣系、ゲームのキャラクター、食べ物系、少年ジャンプのキャラクターなどです。

王道なのは、魔女やナースです。キャラクターものだとアリスは根強い人気があります。1位は近年の日本でもよく仮装されているゾンビとなりました。

日本では本来の仮装の意味は失われていますが、ゾンビや魔女は上位に位置していますので、まだ本質は失われていないようです。最近ではキュートだったりちょっぴりセクシーなゾンビや魔女が流行のようです。

仮装に欠かせないアイテムのカラーウィッグは充実の色展開

カラーウィッグは実は昔からヨーロッパで使用されていたという史実も残っています。昔の人も、イベントなどに合わせて髪の色を変えていたのだそうです。海外の方は赤毛や金髪など毛色が様々ですからカラーウィッグということになるのでしょうか。

現代でも、ハロウィンの仮装にカラーウィッグを上手に活用することで、仮装スキルを一段とアップさせましょう。では、そのカラーウィッグにはどのような色があるかをご紹介します。

①モノトーン系
白からグレー、シルバー系もあります。プラチナブロンドはこの系統です。

②ゴールド系
ベージュっぽい色から金色、黄色、黄色がかった茶系。金髪はこの系統です。

③ブロンズ系
銅の色です。少し暗めの金髪もこの系統となります。

④ブラウン系
こちらは普段使いもできる色となります。黒っぽい茶から、グリーンがかった茶、少し明るめの茶色まで、茶髪はこの系統になります。

⑤レッド系
赤やピンク、赤紫などはこの系統となります。

⑥パープル系
バイオレット、赤紫、紫、深い黒などはパープル系となります。

⑦ブルー系
スカイブルーやコバルトブルー、ネイビーなどはブルー系です。

⑧グリーン系
草色やうぐいす色、ライムグリーンなどはグリーン系となります。

だいたいの色が揃ってるのが凄いところ!イベントに合わせて色々な色を揃えるのも面白いかもしれません。また、エクステなどでワンポイント使用するだけでも、オシャレ度はアップするでしょう。

カラーウィッグを活用した完成度の高いハロウィン仮装

人の印象は髪型で決まるところも多いので、仮装をする際には髪型にも注力するのがおすすめです。色も髪型も、自毛ではなかなかできないことも、ウィッグなら簡単にできちゃいます。自髪で出せない雰囲気を、カラーウィッグを用いて、うまく演出していきましょう。

カラーウィッグを使ってリアルを追求したゾンビのハロウィン仮装

堂々の人気一位の仮装ですが、やはりハロウィンで一番盛り上がるのがこのゾンビの仮装です。気合いの入っている人は、本格的に特殊メイクをしてくるなどの熱の入れようです。本格的に仮装するにも、少し可愛い雰囲気に仮装するにも、カラーウィッグは欠かせないアイテムになります。
かぶるだけではなく、ひと工夫加えて、よりリアルなゾンビを表現しましょう。

ゾンビを演出する場合、黒、ブルー系、シルバー系か原色を使うのが良いでしょう。激しいゾンビや血がついたゾンビなどになる時はレッド系をお勧めします。こちらはカラーウィッグの色に依存するだけでなく、スタイリングもゾンビを心がけて行いましょう。

死人の印象、さまよっている印象を持たせるために、ウィッグは髪の毛をほぐして、バサバサやゴワゴワにして、乱れた感じを出しましょう。これだけでもかなり印象は変わります。

cta-017-ctmp_img7こちらのウィッグが気になったらプリシラのサイトをチェック!

カラーウィッグを使って皆に差をつける魔女のハロウィン仮装

ハロウィンで魔女のコスプレはお姫様的存在でしょう。童話などからなんとなく魔女は老婆をイメージしがちですが、若くてキュートな魔女を目指したりして、個性を出すのがおすすめです。
魔女の仮装もワンパターンになりがちですが、カラーウィッグを活用することで、ワンポイント入れることができます。それだけで真っ黒イメージの魔女が、とっても明るく華やかになりますよ。

定番の魔女ですが、魔女のコスチュームによって様々なカラーウィッグが使用できるでしょう。赤や紫、緑などを用いれば魔女っぽいイメージを演出できるでしょう。

もしくはシルバーと黒のストライプなどもクールかもしれません。濃いブルーでもクールな魔女を演出できるでしょう。

フェミニンな魔女に仕上げたいのであれば、淡い系のカラーウィッグをかぶりましょう。オレンジやピンク、パステルカラーを使えば一気にフェミニンな魔女に大変身です。

アニメっぽく魔女っ子に仕上げるなら、ステッキなどの小物使いで可愛い魔女を演出できるでしょう。

cta-001-ctsg_img9こちらのウィッグが気になったらプリシラのサイトをチェック!

カラーウィッグを使って髪色を遊んでキャラクター系ハロウィン仮装

どの系統のキャラクターにしても、元のイメージがあるかと思います。忠実に再現するのもいいかもしれませんが、カラーウィッグを用いて、ここもワンポイント、自分なりのキャラクターを演出しても、ハロウィンでは盛り上がるのではないでしょうか。

キャラクターの髪色は実在の人間と変わらないもの、また奇抜な髪色のものもあります。実在の人間の色であっても、そこをあえて、緑や赤、青、紫、パステルカラーなど、顔を際立たせるカラーで勝負してはいかがでしょうか。

動物系、怪獣系のキャラクターなどは、色は似せて、スタイルをアレンジしてもいいかもしれません。

cta-008-ctbk_img2こちらのウィッグが気になったらプリシラのサイトをチェック!

カラーウィッグを使って海外セレブでも人気の食べ物系のハロウィン仮装

食べ物系は着ぐるみになってしまいがちですが、カラーウィッグを活用することで、可愛さを出し、顔に注目を引きつけることができます。着ぐるみだけが仮装ではありません。

食べ物の色に沿ったカラーウィッグを選ぶのですが、人参や大根、イチゴなどの、上に葉物がある時は緑のカラーウィッグで、ウィッグ自体をハードワックスやスプレーなどで立たせるとよりリアルで面白く仕上がるでしょう。自毛だとなかなか勇気が必要で躊躇することですが、これもカラーウィッグだからこそ為せる技です。

ホットドックに扮する場合は、レッド系のカラーウィッグを着用すればいいのですが、ここにもひと工夫加えて、レッド系に黄色のウィッグを重ね付けしたりすれば、簡単にマスタードがかかっている様を演出できます。

かき氷に扮する場合は、ロングのカラーウィッグがいいでしょう。ウィッグの色でかき氷のシロップを表現できます。このような感じで、カラーウィッグでただの食べ物も、とっても楽しくなりますし、自分の存在に注目させることができます。食べ物系を、可愛くおしゃれに見せていきましょう。

カラーウィッグを使ってカラフルなアニマル・怪獣系のハロウィン仮装

子供から大人まで人気なのがこのアニマル系。小さいお子さんが、モンスターの着ぐるみなどを着ていると、とてもかわいいです。猫や犬なんかでもそのままでもきっとかわいいのですが、ひと工夫加えると、もっとかわいくなって目立つと思います。そんな一工夫にはやはりカラーウィッグがオススメ。

アニマル仮装の場合は、やはりその動物に合わせた色のウィッグを活用すると良いでしょう。羊であれば、白のアフロウィッグなどを使用すると良いでしょう。

猫の仮装をする場合などは、薄いピンクや薄いブルーのロングのウィッグなどを着用し、顔を猫っぽくペインティングするととてもキュートな猫に変身できます。

カエルに仮装する場合は緑のボブを着用するなどすると可愛い演出ができるでしょう。

怪獣系の仮装をする場合は、怪獣らしさを演出するために、何色かの系統が混じり合ったウィッグを着用すれば良いでしょう。たとえばピンクとブラックのストライプのウィッグや、ブルー系とレッド系のストライプのウィッグなどが怪獣らしさを演出できることでしょう。もしくは皮膚が固い感じを出すためにシルバーのウィッグや、ピンク一色、緑一色のウィッグなども怪獣らしさを演出できること間違いなしです。

cta-017-ctmgr_img8こちらのウィッグが気になったらプリシラのサイトをチェック!

まとめ

いかがでしたでしょうか。カラーウィッグの世界がより身近に感じられましたね。日本では本来の意味はどこかに行ってしまい、仮装する日のようなイメージが付いているかもしれません。しかし、アレンジするのが上手い日本です。それはそれとして、思いっきり楽しめば良いのではないでしょうか。

カラーウィッグを使い、髪の毛をアレンジするだけで、印象も注目度もガラリと変わることも実感できるでしょう。今年のハロウィンは是非カラーウィッグを活用してください。

カラーウィッグが気になったらプリシラのサイトをチェック!