Pocket

医療用

医療用ウィッグの口コミを見ていると、メーカーによって変わる価格の差、

オーダーメイドと既製品ウィッグの違い、ファッションウィッグとの違いに

疑問を持っている方が多いようです

今回はそんな医療用ウィッグの疑問についてお答えします。

医療用ウィッグの価格の差

医療用ウィッグは安い物で5万円前後から、大手メーカーのウィッグだと40万以上するものもあります。

同じ医療用ウィッグなのに、これだけ価格の差があることに疑問を感じている人が多いようです。

フルオーダー・セミオーダー・既製品の違い

医療用ウィッグは『フルオーダー』『セミオーダー』『既製品(レディメイド)』の3種類があります。

フルオーダーのウィッグは、毛質やカラー、スタイルなど自分の希望通りに作製することができます。

また自分の頭の型に合わせて作製するので、フィット感も抜群です。

自分だけのこだわりのウィッグが欲しい方におすすめですが、価格は既製品のものより

高額になり、製造にも時間がかかります。

セミオーダーのウィッグは、既製品(レディメイド)のウィッグをベースにして、

カラーや長さスタイルを決めることができます。

価格も高めではありますが、フルオーダーのウィッグほど高額ではありません。

また、メーカーによっては来店当日での引渡しが可能な場合もあります。

すでにスタイルが決まっているものを既製品(レディメイド)といい、

決まった型の中から自分に合うものを選びます。

ですので、自分の希望通りのスタイルや毛量、カラーがない場合があります。

とにかく価格を抑えたい人や、今すぐ欲しいという方におすすめです。

総手植えと機械植え(マシンメイド)

植毛が、1本1本丁寧に手植えされた総手植えか、

機械によって植えられる機械植え(マシンメイド)かによっても価格は変わってきます。

医療用ウィッグは、総手植えのことがほとんどです。

マシンメイドは規則的に機械で植毛しているのに対し、総手植えは、

不規則に1本ずつ手植えで植毛しているので、毛の流れがとても自然です。

アフターケアの有無

医療用ウィッグはアフターケアが充実しています。

クリーニングやカットなど、購入後もサポートをしてくれるところが多いようです。

アフターケアの内容も、メーカーによって変わるので内容が充実しているほど価格にも影響してきます。

医療用ウィッグは毎日使うものなので、ウィッグが痛んできた時アフターケアが充実しているのは助かりますね。

医療用ウィッグとファッションウィッグの違い

ファッションウィッグは1万円前後のものが多いのに対し、医療用ウィッグは何十万円とします。

医用ウィッグとファッションウィッグは厳密には明確な区別はありません。

各メーカーは、通常のかつらよりも常に着けている患者さんのために、見た目の自然さや

通気性・伸縮性が良いものを作って、それを医療用ウィッグとしています。

その例として、医療用ウィッグとファッションウィッグの違いの1つに素材が挙げられます。

医療用ウィッグは人毛が使われていることが多いですが、ファッションウィッグの多くは、

ファイバー(化学繊維)から作られているものがほとんどです。

まとめ

医療用2

抗がん剤治療における脱毛や円形脱毛症などでウィッグを探される方は、

まずは医療用ウィッグを探される方が多いかと思います。

しかし、最近ではファッションウィッグでも高品質の商品も多く、

医療用ウィッグとしてお使いいただいている方もいらっしゃいます。

プリシラのファッションウィッグでは、ファイバーが自然に見えるようウィッグ特有のテカリを抑え、

独自に開発した配合技術でファイバーの表面に凹凸加工を施す工夫をしているものがあります。

まるで自毛のような自然な仕上がりになっているので、安くて品質の良いウィッグを求められている

患者さまが選ばれているようです。

若い子向けのウィッグはちょっと…といった方にも、ミセス向けのウィッグも

販売しており、人毛ミックスで総手植えの商品を3~4万円代で販売もしています。

プリシラのウィッグは、医療用ウィッグよりまだ挑戦しやすい価格なので、

何十万円もする高額のウィッグを購入する前に、一度試してみてもいいかもしれません。