Pocket

a-651-tay

「毛が絡まってどうしようもない!」「絡まりを取ろうとすると、なおさら絡まっちゃう……」ウィッグ愛用者の中には、こうした悩みを抱えている方がたくさんいます。
せっかく可愛いウィッグでも、ボサボサだと全然可愛くありません。むしろ、「何あのボサボサ頭!?変なの(笑)」と思われちゃいます。

ファイバーで作られたウィッグは化学繊維のため絡みやすく、丁寧にあつかわないとボサボサになりがち。特にロングヘアーのウィッグはショートヘアーよりも絡みやすいので、「ボサボサになっちゃって使い物にならない!」という経験をした方も多いのではないでしょうか。

でも、大丈夫!しっかりとお手入れをすることで、ボサボサウィッグはキレイに元通りになるのです!

ボサボサウィッグを元通りにするお手入れ方法

ブラッシングのコツは小分けにして毛先から!

ウィッグが絡まってしまったとき、それを直そうと根元から髪をブラッシングする方は少なくありません。しかしその行為は、ますますウィッグを絡ませてしまう原因となるのです!
絡まったウィッグをほどくには、根元からブラシでとくのはNG!絶対に「毛先」からとかすようにしましょう。

ウィッグを小分けにしてとかすのもブラッシングのコツです。サイドとバックでだいたい4等分にわけて、毛先から丁寧にブラッシングしていきます。小わけにすることで更に絡みにくくなり、ウィッグをキレイに保つことができます。「小分けにして毛先から」が、ブラッシングの鉄則となります。

ただし普通のブラシを使うと、静電気の影響でより絡みやすくなってしまうので、ウィッグをブラッシングする場合は、静電気が抑えられる専用のブラシを使うことが重要です。

特にひどい絡みにもクシを使えば復活!

「毛先からとかすこともできない……」、「小分けしようにもできない……」という、ひどいウィッグの絡みを経験した方も少なくありません。
しかし、そんなひどいウィッグの絡みでも、いくらでも元通りに直せちゃうんです!

ひどい絡みには、「クシ」を使います。クシの持ち手の尖った部分(以下テール)を絡みに刺し、毛先の方から少しずつとかしていきます。ここでも、毛先からとかすようにしましょう。中々とけなくても、引っ張ってはいけません!根気強く少しずつとかしていくのがコツです。

すると、徐々に絡みがゆるくなってくるので、その後はブラシで毛先の方からとかしていきます。
それでも絡みが強い場合には、普段使っているトリートメントやウィッグ専用のオイルスプレーを絡んだ部分に揉み込み、再度クシでとかすことをおすすめします。

img_9039-768x512

日頃のお手入れが絡みをふせぐ!

ウィッグの絡みは、日頃からのお手入れで防ぐことができます。毎日ブラッシングをしたり、定期的に洗ったり、しっかりとお手入れをすることで、ウィッグはボサボサにならなくてすむのです!
ウィッグのお手入れアイテムにはさまざまな種類がありますが、どれもプリシラで購入することができます。

主なケアアイテム

一般的に使われるお手入れアイテムとして、「ウィッグ専用ブラシ」があげられます。このブラシの歯は金属製で静電気が起こりにくく、ファイバーウィッグをとかすのに最適です。

フルウィッグの絡みや型崩れを防ぎたいなら「ウィッグスタンド」も欠かせません。ウィッグをとかす際や、アレンジやカットをする際にも活用できます。

また、ウィッグをスタイリングしたいなら「スタイリングミスト」や「スタイリングワックス」もおすすめです。ファイバーウィッグのために作られたスタイリング剤となっているので、ウィッグによく馴染みます。

他にも、ウィッグが絡むのを防いでくれる「オイルスプレー」や、ウィッグに付いた生活臭やウィッグ特有のニオイを取り除いてくれる「デオドランドスプレー」、またはウィッグに付いた汚れを落とす「ウィッグ専用シャンプー&リンス」も重要なケアアイテムとなっています。

img_9036-768x512

まとめ

日頃からしっかりとお手入れをすることで、ウィッグの絡みはいくらでも防ぐことができます。またボサボサになったとしても、小分けにして毛先からゆっくりととかしていけば元通りに直すこともできますし、丁寧に扱えばウィッグは長持ちするのです。

しっかりとお手入れをして、お気に入りのウィッグをいつまでもキレイに保ちましょう!